肉LOVER必見!但馬牛一頭買いの渋谷『神戸焼肉かんてき』A5ランク焼肉コースがすごいっ

写真拡大 (全31枚)

若者の街として全国的に名を馳せ、世界中からも観光客が多く訪れる賑やかな街、渋谷。

そんな渋谷の街は、実は焼肉店の激戦区のひとつとなっており、肉ラヴァーの駆け込み寺でもあります。

今回は、深夜まで営業しており、デートや接待にも使えるとっておきの焼肉店をご紹介します。
その名も『神戸焼肉かんてき渋谷店』。

『神戸焼肉かんてき』は、三軒茶屋に本店があり、現在5店舗を展開。但馬牛の肉を一頭まるごと買い付けて提供している、但馬牛にとことんこだわったお店です。

特に肉ラヴァーには、見逃せないお店です!

深夜3時まで営業しており、デートにも接待にも使える『神戸焼肉かんてき』へ

それでは、早速『神戸焼肉かんてき渋谷店』の行き方をご案内します。

『神戸焼肉かんてき渋谷店』の最寄り駅は、渋谷です。

渋谷駅の乗り入れ路線は、JR 、東京メトロ、京王、東急線と非常に多く、その数は全部で10路線。
今回は、利用者数の多い、JR山手線の渋谷駅からの道順をご紹介します。

まずは、JR山手線の電車を降りたら「玉川改札口」から出ます。

「玉川改札口」の目の前は、東急百貨店東横店です。東急百貨店東横店を左手に、そのまままっすぐ進みます。

どんどんまっすぐ進み、マークシティーと京王井の頭線のりばのある方面に向かいます。

途中、左手にマークシティーに行くエスカレーターがありますが、そちらには昇らずそのまままっすぐ進みます。

進んでいると、京王井の頭線のりばが目の前に見えますが、その途中右手に下りのエスカレーターがあるので乗って降ります。

エスカレーターを降りて地上に出たら、左折しまっすぐ行くと、スクランブル交差点が見えますが、すぐ左折しパチンコ屋さん沿いにまっすぐ進みます。

まっすぐ進んで、一つ目の角を右に曲がります。

『神戸焼肉かんてき渋谷店』に到着しました。お店は駅から徒歩1分の便利な場所にあります。

まるで町家のような雰囲気のおしゃれな外観は、肉をがっつり喰らう焼肉屋さんとは一線を画していると思いませんか?

それでは、早速中に入ってみましょう。

お店の扉を開けると、シンプルな空間にテーブル席がゆったりと設置され、洗練されたレイアウト。日本や韓国の有名人や著名人も数多く訪れていて、店内の壁には色紙がびっしりと飾られています。

但馬牛一頭買い!希少部位を余すことなく食べられる肉を提供

『神戸焼肉かんてき』は、神戸のブランド牛「但馬牛」の雌牛のみを一頭まるごと買い付けており、希少部位まで余すことなく提供しているお店です。

雌牛の肉は、脂の溶ける温度が低いため、とろけるような食感を味わうことができるのだそう。

そんなことを聞いたら早く食べたくなりますね!

2月からの新メニュー「かんてきおまかせ上コース全12品 」を堪能

今回注文したのは、2月からの新メニューである「かんてきおまかせ上コース全12品 7,800円(税抜)」です!

「タン3種の盛り合わせ」や「特選上はらみ」などの極上肉に加え、「肉寿司」や「タン3種の盛り合わせ」などのメニューも楽しめる、肉ラヴァーも満足するオススメコースです。

写真は2人前です。わかりやすいように全品を映していますが、実際は順番に出てきますのでご安心を。

お肉を食べ始める前に食べておきたいサイドメニュー

お肉を食べ始める前に注文しておきたいのが「かんてきサラダ」。胃もたれするのを防いでくれる、肉を食べる前のウォーミングアップ的な存在のサラダを、しっかり食べておきます。

「かんてきサラダ」は、水菜とサニーレタスに、塩ドレッシングがかかっているシンプルなもの。1人分が見た目よりボリュームがあるので、たっぷりと野菜を摂ることができますよ。

次に食べておきたいサイドメニューは、「キムチ盛り合わせ」

盛り合わせの内容は、カクテキ、白菜、キュウリの3種。キムチに使われている唐辛子には、「カプサイシン」という成分が含まれていて、脂肪を燃焼させる効果があるのだとか。

コースには、肉を食べ始める前の大切な存在であるサラダ、キムチが入っているのが嬉しいですね。

黄金のレバ、幻カルビ〜卵に絡めて〜、センマイ刺し

では、お肉を食べていきましょう!キムチ盛り合わせの次に、「黄金のレバ」、「幻カルビ〜卵に絡めて〜」、「センマイ刺し」が木のプレートに運ばれてきました。

「黄金のレバ」、は軽く炙っていただきます。臭みもなく、ほどよい食感。今までのレバーのイメージが変わるほど、繊細で食べやすいです。レバーに抵抗がある方も、これならいけるかも!

木のプレートの真ん中にあるのは、「幻カルビ〜卵に絡めて〜」です。メニュー名がユニークですよね。こちらはユッケ風の肉で、網で炙ってから添えてある生卵につけて食べます。

しっかりした食感の肉は、噛めば噛むほど甘味を感じられ、生卵でまろやかさがアップ!単品でも食べられるので、ぜひ一度試してみてはいかが。

そして「センマイ刺し」をいただいてみましょう。センマイとは牛の第三胃で、ホルモンの中でもカロリーが低く女性に人気。ごま油をかけるのがオススメです。

コリコリとした歯ごたえや食感が楽しめる、焼肉の間の箸休め的存在。こちらのコースでは、たっぷり堪能できますよ。

肉のスタートは「タン3種の盛り合わせ」

焼肉のファーストオーダーの定番は、タンですよね。「タン3種の盛り合わせ」には、あごタン、タン塩、極上タンがあり、その中でも特にオススメの極上タンをいただきます。

レモンを絞って、ネギをのせてそのままパクリ!やわらかくさっぱりと食べられ、幸せな気分。

コースのメインディッシュとなる特選上ハラミと希少部位盛り合わせ!

はい、おまたせしました!いよいよコースの目玉となるお肉が運ばれてきました。

「特選上ハラミ」「希少部位盛り合わせ(塩2種・タレ2種)」です。希少部位は日替わりで、来店するたびに違う種類の部位を楽しむことができます。

この日は塩2種(クリミ・ヒレ)タレ2種(ザブトン・ミスジ)。少し聞きなれないクリミは腕にあたる赤身の部位。そしてザブトンは、1頭から数Kgしかとれない希少部位です。

希少部位の中で特にオススメの「ミスジ」をいただきます。「ミスジ」は牛の肩甲骨の内側の部分のお肉なのだとか。

卵をまぜたとろろにつけて食べるのがオススメの食べ方。一口食べた瞬間、自分の舌と一体化しているみたいにやわらかく、そして繊細。ゆっくり口の中で溶けていくようになくなっていきました。

どんな希少部位のお肉が食べられるのかは、来店してからのお楽しみ。お肉の特徴などは店員さんが親切に教えていただけるので、聞きながら食べると味わいも違ってきますよ。

ホルモン好きにはたまらない!「ホルモンMIX」

希少部位を楽しんだ後は、ハツやミノが入っている「ホルモンMIX」をいただきます。それぞれのホルモンの味を楽しめるのが嬉しいです。

最近流行りつつある「肉寿司」も!

都内でも「肉寿司」が食べられるお店が増えてきましたが、『神戸焼肉かんてき』でも「肉寿司」を食べることができます!

そのまま一気に一口でパクリ。肉の旨味が口の中に広がります。肉の旨味とシャリとの相性が抜群!

焼肉屋さんのスープといえば、わかめスープなどが定番ですが、『神戸焼肉かんてき』のスープは、ホルモンがたっぷり入った、味噌ベースの味付けになっています。ほっこり体が温まります。

コースのシメはアイスクリーム

最後にコースのシメでは、冷たいアイスクリームが運ばれてきました。抹茶とチョコレート味です。こちらの店舗のシメの定番なのだそうですよ。

がっつり食べる焼肉もいいですが、時にはコースでゆっくりお肉の味を楽しみたいですね。落ち着いた店内はデートや女子会にも使え、上質で新鮮な希少部位やホルモンを堪能できます。

深夜3時まで営業しているので、残業で遅くなった後にも時間を気にせずに立ち寄ることができます。

ぜひ『神戸焼肉かんてき』を利用してみてはいかがでしょうか。

ライター紹介

南森エレナ
名古屋出身、東京在住。普段はカフェやレストラン等食を中心に、 時には旅ライターとして各地域を訪問した記事などを執筆しています。食べることが好きで常においしいもののアンテナを張っています。 Twitter Facebook
神戸焼肉 かんてき 渋谷店 住 所東京都渋谷区道玄坂2-7-6 電 話03-3461-1029
神戸焼肉 かんてき 渋谷店
東京都 渋谷区 道玄坂
焼肉