外交部(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】スイス・ジュネーブで22日に開かれた国連の女性差別撤廃委員会で、韓国の鄭鉉栢(チョン・ヒョンベク)女性家族部長官が旧日本軍の慰安婦問題に言及し「性奴隷」の言葉を使ったことに日本側が抗議したことについて、韓国外交部の当局者は「政府は慰安婦被害者の名誉と尊厳を回復し、問題を歴史的な教訓として残すため努力している」として、「女性家族部長官の発言はこうした脈絡から行われたと理解している」と述べた。

 また、今後、「性奴隷」との表現が韓国政府の公式名称になるかを記者に問われると、「この問題に関する政府の公式名称は『日本軍慰安婦被害者』であり、国内の関連法でも同様の名称を使用している」と説明した。