日産自動車とディー・エヌ・エーが共同開発中の、無人運転車両を活用する新しい交通サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験が、3月5日より神奈川県横浜市のみなとみらい地区周辺で開始される。実証実験には、Webサイトで募集した一般モニター約300組が参加する。

自動運転技術を搭載する実験車両

 実証実験では、自動運転技術を搭載した実験車両に一般モニターを乗せ、日産グローバル本社から同地区にあるショッピングセンター「横浜ワールドポーターズ」までの約4.5kmのコースを往復運行する。

 今回の取り組みでは、モニター参加者に目的地の設定や無人運転者の配車などの基本的な交通サービス体験に加えて、移動だけにとどまらない「Easy Ride」の新しい乗車体験も提供される。

 具体的には、専用のスマートフォンアプリ上で目的地を直接設定する以外に、「やりたいことを」をテキストまたは音声で入力することでおすすめの候補を取得し、その中の候補を目的地として設定できる。

「やりたいこと」を音声またはテキスト入力して目的地に設定

 また、車両に搭載されるタブレットには、乗車中に走行ルート周辺のおすすめスポットや、最新のイベント情報、近隣店舗などで使えるクーポンが約40件提供される。

クーポン情報

近隣スポット情報

 安全管理面では、実証実験走行中の車両の位置や状態をリアルタイムで把握できる遠隔管制センターも設置される。

遠隔管制センター

 両社は、実証実験終了後に無人運転環境でのサービス検討や、運行ルートの拡大、有人車両との混合環境下での最適な車両配置ロジックや乗降フローの確立、多言語対応などの検証を進め、限定された環境でのサービスを提供した後、2010年代早期に本格的なサービス提供を目指している。

【Easy Ride、実証実験イメージ】