トヨタ紡織の社長昇格が固まった沼氏

写真拡大

 トヨタ紡織は、4月1日付で沼毅副社長(59)が社長に昇格する人事を固めた。石井克政社長(64)は新設する副会長に就く。豊田周平会長(70)は留任の見通し。同社は今春に3カ年の経営計画を新たに策定する予定。自動運転技術の進歩で激化する次世代シートの開発などに対応するべく、経営体制を強化する。

 沼氏はトヨタ自動車出身で欧州拠点の生産管理や日本の田原工場長(愛知県田原市)などを歴任。トヨタ紡織では品質管理や経営全般に携わる。石井氏は15年に社長に就任。自動車業界の変化を見据えた中長期戦略の策定や、不振の欧州事業の再編などを進めた。
【略歴】沼 毅氏(ぬま・たけし)81年(昭56)北見工大工卒、同年トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社。11年常務理事、12年常務役員。16年トヨタ紡織副社長。北海道出身。