もうすぐホワイトデー。バレンタインで愛する彼にチョコレートを贈った人は、お返しが楽しみですね。

でも、いざお返しをもらったけど期待はずれのものだったり、全然欲しくないものだったり……、下手すると忘れてる?なんてこともあるのが男性です。

なので、欲しいものがあるときは、思い切ってこちらからおねだりしてみましょう。

面と向かっては言いにくくても、LINEなら顔が見えないので男性のほうも受け止めやすくなります。どんなメッセージなら男性の心に届くのか、ご紹介します!

何を贈るか悩む男性は多い!

ホワイトデー、彼は何をくれるだろう……。期待に胸が膨らみますが、一方で男性のほうは何を贈るかで頭を悩ませています。

あらかじめ欲しいものがわかっている、彼女の好みをよく理解しているなら喜んでもらえそうなものが浮かびますが、例えば付き合ってまだ日が浅かったり、普段贈り慣れていなかったりすると、どれが「正解」なのかわからないですよね。

それなら聞いてくれたら良いのに、と思いますが、実際は「何か欲しいものある?」と尋ねるのも男性にとっては勇気がいること。

高価なものをお願いされたり、買いにくいものであったりすることを考えると気が引ける、という男性は多いものです。

それよりさらに助かるのは、彼女のほうからそれとなく欲しいものを教えてくれること。男性だって、期待はずれのものを贈ってがっかりされたくない、恥をかきたくないと思っています。前もって「当たり」がわかっていれば、贈りやすいんです。

でも、正面から「これがいいな」と言えればいいのですが、自分からおねだりするなんて恥ずかしい、と思う女性もいるでしょう。

そんなときはLINEが便利です。もらったら嬉しいものをさり気なくアピールしておけば、彼氏のほうも彼女がいないところでじっくり考えることができます。

続いて、男性の心に届くメッセージは、どんなものが良いのでしょうか?

「これ、似合うと思う?」

例えば、好きなブランドの新しいイヤリングを贈ってくれたらな、と思うとき。

単刀直入に「これが欲しい」と伝えるのは、値段も考えるとちょっと気が引ける……。なら、「これ、似合うと思う?」と尋ねるやり方で彼氏に欲しい気持ちを伝えましょう。

ネットショップのスクリーンショットや雑誌のページを写した写真などと一緒に、「新作なんだって!」とメッセージを送ると、値段もわかるし着けたときのイメージも浮かびます。

「これが欲しいんだな」とわかれば、彼氏も安心して購入できますね。

漠然と「イヤリングがいいな〜」と言っても、アクセサリー類を選ぶのは苦手な男性が多いので、具体的に欲しいものを伝えるほうが間違いありません。

「○○くんからもらえたら嬉しいな!」

欲しいものが決まっている場合は、アイテムと一緒に「○○くんからもらえたら嬉しいな!」と添えるのも彼氏の心を掴む一言です。

「バレンタインのお返しだから」という大義名分はあっても、あまりに欲しい気持ちが先行すると、「これを買ってもらうためのチョコだったのかな」と思われたら悲しいですよね。

あなたからもらえるから幸せという思いが伝わると、彼氏も気持ちよく贈ろうと思えます。せっかくのプレゼントの機会、どうせなら楽しい思い出にしたいですよね。

ただ欲しいものをおねだりするより、あなたから贈られたい、という気持ちを前面に伝えましょう。

スタンプでわざとらしさを軽くする

LINEといえばスタンプ機能が便利ですね。

文字の代わりに気持ちを伝えてくれるスタンプは、おねだりするときも有効です。

使うときは、あえて可愛いものを選びましょう。イラストと一緒に「これ欲しいな〜」「嬉しいな」など、それとなくお願いするようなメッセージがあるとなおベター。言葉で「買って!」と書くよりわざとらしさがないのでオススメです。

視覚にも楽しいスタンプは、彼女とのやり取りだからこそテンションが上がります。ですが、あまり連続で送るのは逆に押し付けがましさが出るので注意しましょう。

恋心が加速するスタンプで、彼氏のハートを盛り上げてくださいね。

男性が贈りやすいものを選ぶこと

おねだりするときに気をつけたいのは、あまりに高価なものをリクエストすることです。

高級ブランドのアクセサリーやバッグなど、何万円もするようなものはホワイトデーに贈るものとしては不向きです。贈ったチョコレートの値段とかけ離れたものをお願いするのは、非常識と心得ましょう。

また、下着類など買いにくいものをお願いするのも男性を困らせます。彼氏に贈られたいからといっても、買うのが難しいものだと男性には大きなプレッシャーになると思いましょう。

欲しいものが決まっていないときでも、「何でもいいよ」ではなく「ハンカチだとよく使うから嬉しいな」「靴下なら来年も履けるかな」など、アイテムのヒントを出してあげることで、男性の買い物のハードルを下げることができます。

ホワイトデーは、彼氏の贈りたい気持ちを尊重することが何より大切です。買いやすいもの、プレゼントしやすいものを提案するのも、幸せなお付き合いには欠かせない姿勢ですね。

LINEで、かわいくホワイトデーのプレゼントをおねだりしちゃいましょう♪

男性だって彼女には喜んで欲しいと思います。ですが、いざ贈るときになっても欲しいものがわからなくて悩む場合が多く、結局無難なものに落ち着いてしまうこともあります。

それなら、あらかじめ欲しいものは伝えておくほうがお互いにストレスがありません。面と向かって言えないときは、LINEを使って上手におねだりしてみましょう。

あからさまなアピールより、少し控えめなお願いのほうが男性も受け入れやすくなります。スタンプを使うなど、可愛らしいおねだりで彼氏を笑顔にしてくださいね。