相手の電話番号がわかればメッセージの送受信ができるSMS(ショートメッセージサービス)の機能向上に向けて、携帯電話大手3社が連携し、写真や動画も送受信可能にする、と日経XTECHなどが報じています。年内のサービス開始が目標とされています。

合言葉は「打倒LINE」

NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの大手キャリア3社は、各社間で相互接続しているSMSサービスを、国際規格のMMS(マルチメディアメッセージングサービス)に対応させるために「打倒LINE」の合言葉で連携している、と日経XTECHは報じています。
 
現在のSMSは、各社間の相互接続により、キャリアや機種が違っても電話番号だけでやり取りできます。スマートフォンだけでなく、従来型携帯電話(ガラケー)でも利用できるものの、最大70文字の字数制限があり、キャリアが異なると文字化けする、画像や動画が送れないといった制約もあります。
 
キャリアを気にせず送受信できるメッセージサービスは、日本国内出荷台数で5割以上と高いシェアを持つiPhoneのユーザー間ならiMessageが便利ですが、iPhone以外とは送受信できない弱点があります。

長文や動画に対応、年内にはサービス開始目指す

MMS規格に対応することで、キャリアをまたいで長文メッセージがやり取りでき、動画などを添付できるほか、海外との送受信も可能になります。
 
携帯キャリア各社は、MMS規格に一斉対応することで自社の有料サービスへの顧客囲い込みに役立てたい考えがある模様です。
 
各社は、4月までに新サービスを共同発表し、年内にはサービス提供を開始すべく調整を進めているとのことです。

 
 
Source:日経XTECH, 産経新聞
(hato)