フォースメディアは、お風呂やプール、ビーチサイドなどで音楽を楽しめる、スピーカー搭載のネックピロー(首枕)「ウォーター枕スピーカー」を、大手量販店、雑貨店、オンラインストアなどで2月下旬に発売する。

 想定価格は、スマートフォンのイヤホン端子(3.5mm端子)で接続する通常版の「ウォーター枕スピーカー」が2980円(税別、以下同)、Bluetoothレシーバーが付属する「ウォーター枕スピーカー ワイヤレスレシーバー付属モデル」が3980円。

「ウォーター枕スピーカー」

 「ウォーター枕スピーカー」は、ネックピロー、スマートフォン等を収納する防水ケース、スピーカーが一体となるため、水に濡れやすいお風呂やプールサイド、ビーチサイドなどでも手軽に音楽を楽しめる。

 ワイヤレスレシーバー付属モデルには、ワイヤレスレシーバーのほかに、ステレオ等の入力端子を接続するためのアダプタが付属する。「ウォーター枕スピーカー」収納したスマートフォンの音楽を、ワイヤレスレシーバーを経由し、別のスピーカーに出力することもできる。

ワイヤレスレシーバー

オーディオ変換アダプタ

 スピーカーは耳の近くに配置されているため、大きな音を出さずに音楽を楽しむことができるほか、耳を完全に塞がないため周囲の音を聞きながら使用できる。音楽再生に使わない場合には、通常のネックピローとして飛行機やバスなどで移動中にも活用する。

 本体カラーはピンク、ホワイト、イエローの3色。スピーカーユニットは直径63×15(mm)。最大入力は0.5W、防水性能はIPX6相当。空気を入れた状態の大きさは約370×300×130(mm)。重さは180g。

ピンク

ホワイト

イエロー

 ワイヤレスレシーバーのBluetoothバージョンはV4.2+EDR。対応プロファイルはA2DP、HFP、HSP。通信可能距離は約10m。最大連続使用時間は約4時間、充電時間は約2時間。充電端子はmicroUSB。大きさは約54.2×25.2×11.5(mm)、重さは12g。