画像提供:マイナビニュース

写真拡大

マウスコンピューターは2月22日、クリエイター向けPCブランド「DAIV」より、第8世代Intel Core i7-8700を搭載する17.3型ハイエンドノートPC「DAIV-NG7620S1-SH5」を発売した。直販価格は329,800円(税別)。

CPUのIntel Core i7-8700は、6コア/12スレッドのデスクトップPC向けCPU。BTOによるカスタマイズも提供しており、Intel Core i7-8700Kへの変更も可能だ。

ディスプレイは3,840×2,160ドットの非光沢(ノングレア)4Kパネルで、色域はAdobeRGB比100%を達成するなど、優れた色再現性を備える。グラフィックスにはNVIDIA GeForce GTX 1080を搭載している。ストレージはSSDとHDDのツインドライブ構成。キーピッチが18.4mm、キーストロークが約2mmとい107日本語キーのキーボードを採用。デスクトップPCのキーボードにも劣らない仕様だ。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-8700(3.20GHz)、チップセットがIntel Z370、メモリがPC4-19200 DDR4 16GB(8GB×2)、ストレージが512GB SATA SSD+1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080(最大8GB)。OSはWindows 10 Home 64bit。

ネットワークはGigabit Ethernet対応有線LAN×1、IEEE802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2。インタフェースはUSB 3.1×2(1基はThunderbolt 3共用)、USB 3.0×4、HDMI×1、DisplayPort×2、マルチカードリーダーなど。バッテリ駆動時間は約2.9時間。本体サイズは約W417×D295×H41.9mm、重量は約4.4kg。