画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●雪山の遭難対策に期待

2017〜2018年のスキーシーズンは半ばを迎えたが、まだまだ十分に楽しめる季節だ。ただスキー人口は減少傾向にある。最盛期は1,800万人ほどといわれたスキー人口だが、レジャー白書によるとスキー、スノボを合わせても600万人以下だという。

まさに、ウィンタースポーツにとって“冬の時代”といえるが、ここ数年、にわかに注目され始めた楽しみ方がある。いわゆる「バックカントリースキー」と呼ばれるスキー・スノボの楽しみ方だ。

バックカントリースキーとは、スキー場のコース外で滑走する楽しみ方。アウトドアブームが再び高まっているが、より自然の中で滑りたいというファンが増えているのだろう。

だが、このバックカントリースキーには大きな問題がある。そう、コース外であるがため、遭難する危険性が高く、万が一の際に連絡手段がないということも十分に考えられる。また、圧雪されていない斜面では雪崩が起きやすい。特にこれから春先に向かって融雪が始まれば、さらに雪崩の危険性が高まる。

2018年大晦日から元旦にかけても、白馬乗鞍岳でバックカントリースキーを楽しんでいた男女3人が道に迷ったというニュースがあった。幸いこの3人は、けがもなく救助された。

○IoTデバイスで遭難者の位置を把握

こうしたバックカントリースキーによる遭難対策として、博報堂アイ・スタジオが進めているのが「TREK TRACK」(トレック トラック)というサービスだ。これまで、バックカントリーで遭難した場合、外部との連絡は携帯電話とトランシーバーぐらいのものだった。ただ、携帯電話は山間部で電波が届かない可能性があるし、トランシーバーは安全なところにいる人とチャンネル合わせをしなくてはならない。

一方、トレック トラックは「通話」という手段ではない。IoT端末を所持しておき、その端末から発せられるデータが対象エリアのゲートウェイデバイスに送られ、その位置情報が伝えられる。

●バックカントリーが人気のスキー場から

まず、このトレック トラックが最初に冬期サービスが開始されるのは、新潟県のかぐらスキー場。首都圏に近いスキー場ながら、標高が高く滑走距離も長い。そのため、バックカントリーと呼ばれるエリアも広く、そうした箇所での滑走を楽しむスキーヤー・ボーダーも多い。

また、標高が高いことから越後地区のスキー場では雪質が良いといわれている。バックカントリースキーは、圧雪されていない箇所を滑るので、軽い雪質が好まれる。そのため、バックカントリースキーを楽しむためにかぐらスキー場を訪れる人が多いのだろう。

トレック トラックは、このかぐらスキー場への展開を皮切りに、白馬やキロロといったエリアにも今シーズン展開予定。ともにバックカントリースキーが人気のエリアだ。さらに、キロロに近いニセコ地区への導入が待たれる。

というのも、ニセコはオーストラリアやニュージーランドといった南半球の外国人スキーヤーに人気のエリアだからだ。外国人は、「スキー場はコースを滑るもの」という意識が薄い。従ってバックカントリースキーを楽しむ人が多く、ニセコ付近の雪を求めてやってくる外国人であふれている。ニセコ地区のスキー客は、8割ぐらいが外国人といわれているくらいだ。

○バックカントリースキー愛好家が多い海外客もターゲット

実は日本の雪は、「ジャパンパウダー」と呼ばれるほど外国人からの人気がある。日本海を北側に横たえた列島は、毎晩でも雪が降りやすく、翌日に新雪を楽しめる可能性が高いからだ。バックカントリースキーは新雪を踏みしめるのがひとつの楽しみ。それだけに海外からのスキー客から熱視線を浴びるが、バックカントリースキーを楽しむ層が増えれば、その分、遭難などの案件が増えることが考えられる。

よくいわれていることだが、山岳地帯で遭難した場合、捜索費用があとから請求され、100万円以上になると知られている。バックカントリースキーを行うのは、あくまでも自己責任なので、トレック トラックのようなIoTデバイスを身につけて楽しみたい。

●デジタルサイネージを利用したプラットフォーム

デジタルサイネージを使ったプラットフォーム

ニセコの話が出てきたが、博報堂アイ・スタジオはニセコ地区にも、あるプラットフォームを用意した。NTT東日本と共同で実証実験を行う「capture」(キャプチャー)というプラットフォームだ。

これは、スマートフォンベースの高速物体検出デバイスを用い、スキー・スノボの滑走者の様子をキャプチャー。それを、NTT東日本のクラウドサービスを介することでデジタルサイネージに映し出すというもの。さらにキャプチャーした画像等は、スマホにダウンロードしたりプリントアウトしたりできる。

○サイネージを遭難対策に活用

トレック トラックと比べるとエンターテインメント性が高いプラットフォームだが、バックカントリーなどの監視に活用できるシステムだ。博報堂アイ・スタジオは、このキャプチャーを活用してより安心して雪山を楽しめるようにしたい考えだ。

前述したとおり、アウトドアブームが高まっている。それにともない、バックカントリースキーや登山といったアクティビティを楽しむ層が増加。ただ、こうしたアクティビティを楽しむ人が増えるほど、遭難といったトラブルも多くなる。そうしたトラブルへの対策になるプラットフォームの構築は急がれるところだ。