ペンス米副大統領が金与正氏を強く批判「最も残虐で抑圧的な人物」

ざっくり言うと

  • 22日の保守政治行動会議で、ペンス米副大統領が金与正氏について言及した
  • 「地球上で最も残虐で抑圧的な体制の中心人物だ」と批判した
  • ペンス氏は平昌五輪の開会式で訪韓した際、与正氏との会談を予定していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング