フツウニフルウツのフルーツサンド。買ってその場で撮影をする人も多い(撮影:今井康一)

甘酸っぱいイチゴやバナナなどのフルーツとふわふわの生クリーム。ちょっとレトロで懐かしい「フルーツサンド」が昨年あたりから人気だ。カラフルな具材を詰め込んだサンドイッチの断面に萌える、いわゆる「萌え断」が、インスタ中心に盛り上がった流れもあり、もともと「見た目偏差値」の高いフルーツサンドも見直されている格好だ。

ただし、たかがフルーツサンドと侮ることなかれ。中には女性が殺到する行列ができるフルーツサンド店もある。東京・代官山に店を構える「フツウニフルウツ」がそれだ。2016年10月にオープンしてからメディアで取り上げられたり、グルメ芸人が紹介したことでじわじわと人気に火がつき、今では夕方6時の閉店までに、平日には200個、週末は300個を売り上げるほどになった。アジア圏を中心に海外から訪れる客も少なくない。

クセになる味わいの秘密

東横線・代官山駅から歩いて5分ほど。正直、あまりわかりやすいとはいえない場所にフツウニフルウツはある。坂の途中にある店舗は、店というよりスタンド、という外観。青い壁にカラフルな模様が施された外観はいかにもインスタ映えしそうだ。実際、買った商品を食べられるちょっとしたテーブルにサンドを載せて、写真を撮っている女性が多い。


サンドイッチスタンドという風情の店舗。外観もインスタ映えする(撮影:今井康一)

極寒のある日、午後2時に訪れたときには、さすがに行列はなかったが、それでも若い女性を中心に、ひっきりなしにやってくる。この日並んでいたのは、イチゴとあんこを挟んだ「イチゴダイフク」(400円)、バナナとグレープフルーツ、キウイフルーツなどを挟んだ看板商品「フツウニフルウツ」(350円)、リンゴが主役の「ダブルリンゴ」(380円)など、どれもさっぱりした味わいで、フルーツとクリーム、あっさりめの食パンのコンビネーションがよく、食事にもできそうだ。


店頭には色とりどりのフルーツサンドが並ぶ(撮影:今井康一)

クセになる味わいの秘密は、店長の松田剛毅氏による独自の工夫にある。フルーツサンド用に製造された食パンに酸味があるクリームチーズを塗り、マスカルポーネチーズを混ぜた生クリームを塗ってフルーツを挟んでいるのだ。

使っているフルーツにもこだわりがある。たとえば、2月まで提供する季節商品の「ハナキン」(380円)は、金柑のスライスにジンジャーパウダーを加えてを挟んだもの、とその時々の季節に合わせたフルーツを使っている。

「最初はチョコレート系が合うと思ったんですけど、いまいちうまくいかない。悩んでいるときに、スーパーへ行ったら、ジンジャーパウダーを見つけて『これだ』と。スライスするやり方は、レシピ本で見つけました。クックパッドなどを参考にすることもあります」と、説明する研究熱心な松田氏。しかし、以前は、フルーツサンドに興味はなかったという。

世の中には、フルーツサンドが好きな人と敬遠する人の2通りがいる。敬遠派は、サンドイッチに果物を挟む感覚が理解できない。松田氏は後者だった。

インスタのコメントから商品開発も

だから、この店の経営母体「日と々と(ひとびと)」での異動で、フツウニフルウツの店長を命じられた折は、フルーツサンドだけで店が成り立つのか半信半疑だった。ただ、料理は好きで、店長になってからは自分なりに何が合うかを考え、味を決めてきた。他店のフルーツサンドを食べ比べたりはしない。先入観にとらわれず素材に寄り添った発想が人気を呼び、ネットを中心に口コミで名前が広がったのである。


商品開発に熱心な松田氏(撮影:今井康一)

インスタでの反応を、マメにチェックしているという松田氏。「イチゴダイフクに挟むあんは最初、白あんだけだったんですが、インスタでお客さんから『粒あんもやってほしい』とリクエストがあって、2種類から選べるようにしました」と話す。日常の接客では会話を楽しむ余裕はないというが、SNSを通じてマメに情報収集を行っていることも、魅力的な商品開発に役立っているのではないだろうか。

東京・神宮前の人気パン屋・カフェの「パンとエスプレッソと」などを開く日と々とは、フルーツサンド専門店を立ち上げるにあたり、店名に「普通にフルーツを、日常的に食べてほしい」という思いを込めた。商品開発にあたり相談したのが、東京・中野区で1940年から続く果物屋、フタバフルーツだった。

老舗とはいえ、なぜ小さな果物屋に白羽の矢が立ったのか。それは、フタバフルーツがここ10年ほど、フルーツイベントやケータリングを手掛けてきた実績があるからだ。

ケータリング先はアパレル企業のレセプションから個人のホームパーティまで幅広く、昨年の実績は172件にも及ぶ。インスタで#フタバフルーツと検索すると、フルーツを使ったカラフルなフルーツプレートやタワーなどが出てくる。

フタバフルーツに目を付けたのは、日と々とだけではない。「ワイアードカフェ」などを手掛けるカフェ・カンパニーも、銀座プレイス内に「ラモ フルータス カフェ」をオープンするのにあたり、フタバフルーツにフルーツの提供を求めた。ここで手を組んだ両社は、今年2月1日に、「フタバフルーツパーラー」をアトレ川崎店に開店。今後店舗を増やしていく計画だ。ここでも、主役の1つは、フルーツサンドである。

「遊び中心」の3代目を変えた一言

なぜ、町の果物屋が、さまざまな事業を手がけるようになったのか。それは、フタバフルーツ3代目社長の成瀬大輔氏の経歴と、果物市場の変化が関係している。


フタバフルーツパーラーでは、フルーツサンドのほか、パンケーキやケーキなども。パンケーキはグルテンフリー、さらにすべてビーガン対応できる(撮影:今井康一)

そもそも、成瀬氏は果物屋の3代目としては、かなりユニークな経歴の持ち主である。

1970年生まれ、47歳の成瀬氏が一般企業勤めを経て、家業を継いだのは1993年。きっかけは、趣味のサーフィンやスノーボードを楽しむため、長い休暇を取りやすいと考えたことだ。売り上げは右肩下がりだったが、遊び中心なまま30代半ばになった頃、遊び仲間の先輩から「これからどうするんだ」と問われた。


フタバフルーツパーラーの店頭に並ぶ、さまざまなフルーツを使ったパフェ(撮影:今井康一)

「家賃も払わなくていいし、適当にやればいい」と答えたところ「お前は肝心なことをわかっていない。おじいちゃん、お父さんがつくってくれた果物屋の歴史はお金では買えない。ちゃんと向き合って男らしく幕の閉じ方を考えろ」と説教された。

先輩の言葉を素直に受け止め反省した成瀬氏は、2006年には新宿・歌舞伎町のクラブで、切る前のフルーツや流木などでオブジェを作り、カットしたフルーツをふんだんに食べられる初のライブイベントを開催。会場には500人が詰めかけた。「音楽があるとみんな高揚して、フルーツを囲んで会話をしている。フルーツをもっと大胆に見せて、食べさせたい」と本気になった。

2006年のイベント以降の3年間、月1度のペースでイベントを行うことを決め、さまざまな場所で開催。遊び仲間も来てくれたし、友人のミュージシャンたちも協力してくれた。成瀬氏の最大の強みは遊びを通じて築いた人脈であり、人を楽しませる精神だった。

その後、店の新たな方向を考えるべくカフェ学校に通い始め、そこで出会った仲間と、より内容を充実させたイベントを開催。このカフェ学校では、後に仕事のパートナーとなる岩槻氏と出会った。

そのうち、イベントに出席した客から、ケータリングを頼まれるようになる。料理をケータリングする人から「フルーツは頼みます」と助っ人を頼まれる場合もある。ケータリング業者はたくさんいるが、果物の専門知識と仕入れルートを持つ業者がいなかったことが、フタバフルーツに注文が集まるようになったのだ。

果物屋の数は約30年で3分の1に

「料理は1回食べたら終わりだけど、フルーツは置いておいて、またつまむこともできる。撮影現場だと、冷蔵庫に入れて次の休憩のときに食べることもできる」と成瀬氏は話す。


フタバフルーツパーラーでもパフェは人気商品だ(撮影:今井康一)

フタバフルーツの知名度が上がるにつれ、地方の果物屋の経営者たちからいろいろと相談されるようになった。「店のあり方を変える上で、お父さんと葛藤はなかったのですか」「果物屋として生き残るにはどうしたいいですか」といった内容だった。最近では、地方の卸売市場の関係者が訪ねてくることもあるという。

青果市場は長年、低下傾向にある。農林水産省の調査によると、1991年に1万3750店あった果実小売業者数は、2012年には3889店と3分の1以下にまで減っている。

果物屋の閉店が相次ぐのは、人々のライフスタイルが変わり、消費量が減ったからだ。厚生労働省は果物の1日の目標摂取量を200gとしているが、同省が実施した「平成24年国民健康・栄養調査」によると、全世代の平均摂取量が半分の107g、最も多い70歳以上でも160g、最も少ない30代では61gしかない。

業容を広げているフタバフルーツの経営も安泰とは言えない。ケータリングで売り上げは伸びたが、従業員を2人抱え、人件費もかかるようになった、と成瀬氏は明かす。利益を伸ばすため、果物を前面に出す飲食店ができないか、と本気で考え始めたころにカフェ・カンパニーからフルーツパーラーの企画が持ち込まれた。

「これは僕の仕事の第2章。1つ目立つところが出てくれば、都市部はもちろん、地方の方々も注目してくれると思っている。そこから、果物業界が再度盛り上がる期待もあるのでは」と成瀬氏は分析する。

昭和育ちの成瀬氏は、店が忙しかった時代をよく覚えている。「幼い頃は、ひっきりなしにお客さんが来た。人手が足りなくて、小学生の僕が自転車でみかんを届けに行ったし、暮れももちろん手伝いをした。大晦日は夜中12時ぐらいまで仕事して、元旦も店を開けた。正月用にみかんを箱買いする人も多かったし、お歳暮、お中元やお使い物にフルーツが使われることが習慣としてあったと思う」。

果物加工品の可能性が広がっている

そんな状況が変わり始めたのが、バブル崩壊後。父には継がなくていいとまで言われた。売り上げは下がっているのに、経営に本気を出さない成瀬氏をハラハラしながら見ていたこともあるという。しかし、成瀬氏には圧倒的な強みがあった。真剣に遊んだ結果得た、業界を超えた幅広い人脈だ。たとえば、地方で公演をすることが多いミュージシャンの友達が、「地方でこんなイベントやったら面白いんじゃない?」と提案してくれることもある。


川崎にオープンしたフタバフルーツパーラーの店舗(撮影:今井康一)

フルーツサンドなど果物を使った加工品に力を入れるフタバフルーツの戦略は、時代にもマッチしていたと言えるだろう。フルーツサンドのブームは、ここ数年続くサンドイッチブームの余波と、果物加工品の人気が背景にあると考えられるからだ。

まず、10年ほど前から健康志向の高まりを背景に、都心でジューススタンドが増え始めた。これにグリーンスムージーの流行が続いたのと同時に、果物をたくさん使ったケーキやパフェが人気に。インスタの爆発的普及に伴う萌え断ブームで、サンドイッチからフルーツサンドまでが派手に生まれ変わって、再び注目を集めるようになった。

「生」の果物の将来は決して明るいとはいえない。食の選択肢が豊富になった今、相対的に高く感じられるうえ、「皮をむくのが面倒」と思われがちだからだ。しかし、健康意識が高まり続ける中、「果物を食べるべきだ」という意識は高まっている。それ以前に、果物には「見た目が楽しくてワクワクする」(成瀬氏)という側面もある。果物を使ったデザートや加工品は、むしろこれから伸びる本番を迎えるのではないだろうか。