写真はイメージです

写真拡大

昔からある、「熟年不倫」という言葉。事務所を退社した小泉今日子がきっぱりと不倫宣言をしたことに注目が集まったが、これまでも40代、50代以上の不倫はほうぼうで取り沙汰されている。「不惑」「四十にして惑わず」とは言われても、こと恋愛に関してはそうもいかないのが人の世の常。なぜ人は熟年不倫にハマってしまうのか。(取材・文/藤井弘美、編集協力/プレスラボ)

同窓会で始まるのが鉄板
点火を待つ焼けぼっくい

 これまでも芸能人の熟年不倫は何度も報じられてきた。80年代に青春を過ごした層にとっては永遠のアイドルとも言えるキョンキョンの不倫宣言も、世間からそこまで驚きを持って受け止められたようにも感じない。

 そもそも人はなぜ熟年不倫にハマってしまうのか。中年以降は家庭や仕事が安定し始める時期だが、その安定を土台にして、「禁断の恋」に一歩を踏み出してしまうのだろうか。

 熟年に達して以降始まる不倫の中で、始まり方の鉄板とされるのが同窓会である。Aさん(46歳男性)の不倫劇も、同窓会がきっかけとなった。

「彼女は高校のとき同じクラスで、付き合っていた元カノでした。自分の上京を機に疎遠になって…とありがちな流れを踏襲して破局。卒業後に初めて会ったのは30歳を過ぎてからだったと思います。地元での同窓会だったのですが」(Aさん)

 その日は和やかなまま終わったそうである。

「『どんな女性になってるかな?』という好奇心や、久しぶりに会う緊張などもありましたが、まさかあの日をきっかけによりを戻そうなどというつもりはなかった。人づてに結婚したことも聞いていましたし、再会したからといって恋心が再燃するということもなかった。その日彼女とは挨拶と簡単な世間話を交わしただけです」

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)