画像提供:マイナビニュース

写真拡大

かつては、誕生日やクリスマスなど、特別なイベントでしか食べられなかったケーキ。昨今はスーパーやコンビニで手軽に手に入るようになったとは言え、"ケーキ"という響きに今でも特別なものを感じる人は多いのではないだろうか。今回は、マイナビニュースの男女会員1,009名に、「最も好きなケーキの種類」を聞いてみた。

Q.ケーキは好きですか?

好き 86.1%

どちらでもない 12.2%

嫌い 1.7%

Q.最も好きなケーキの種類は何ですか?

1位「ショートケーキ」 24.5%

2位「チーズケーキ」 20.9%

3位「モンブラン」 12.7%

4位「チョコレートケーキ」 11.6%

5位「タルト」 6.6%

6位「フルーツケーキ」 6.4%

7位「ティラミス」 4.3%

8位「ミルフィーユ」 3.6%

9位「ロールケーキ」 3.2%

10位「ミルクレープ」 2.4%

11位「シフォンケーキ」 2.0%

12位「パイ」 1.3%

13位「その他」 0.6%

Q.なぜそのケーキが好きか理由を教えてください(自由回答)

○■「ショートケーキ」

・「スポンジとクリームとイチゴのバランスがシンプルで王道だけど、いちばんおいしく感じる」(41歳女性/その他/その他・専業主婦等)

・「ケーキの基本だと思うし、ショートケーキがおいしいケーキ屋さんは、他のケーキもおいしいと思う」(67歳男性/その他/その他・専業主婦等)

・「最もオーソドックスで、ケーキの全てが詰まっている気がする」(35歳女性/その他/その他・専業主婦等)

・「子どものときからの憧れのケーキ。ケーキといえば、生クリームたっぷりにイチゴが乗ったケーキでしょ!」(44歳女性/その他/その他・専業主婦等)

・「シンプルだからこそパティシエの技術が分かる」(29歳女性/その他/その他・専業主婦等)

・「味が楽しめるのはタルトだったり、いちばん食べるのはミルクレープなんですが、やはり見た目でテンション上がります」(41歳男性/その他/その他・専業主婦等)

○■「チーズケーキ」

・「スポンジでフワフワしたものよりも、チーズケーキのようにしっとりしてコクも味わえるのが好きだから」(32歳男性/その他/その他・専業主婦等)

・「チーズが好き。そして甘ったるすぎず甘酸っぱいところもいい。お酒にも合う」(43歳女性/半導体・電子・電気機器/事務・企画・経営関連)

・「チーズが大好きで、ケーキにしたときのまろやかでしっとりとした舌触りの良さと、口の中で溶けるようにスーっとなくなっていく感じが普通のケーキと少し違うので好きです」(59歳女性/医療用機器・医療関連/専門サービス関連)

・「まろやかでとろける感じ。チーズの絶妙な配合。豊かな気持ちになれる。ベークド・レア・スフレの違った食感。初めて食べた時の感動が、今でも忘れられません。食べ終わると、また食べたくなる不思議な感覚です」(46歳女性/その他/その他・専業主婦等)

・「幼少期から定番のケーキで、親しみがある。また最近は、いろんな種類のチーズケーキが増えているから」(41歳男性/その他/その他・専業主婦等)

・「濃厚でまったりとしたチーズケーキを一口頬張ると、『幸せー』って感じがする」(58歳女性/教育/専門サービス関連)

○■「モンブラン」

・「もともと栗が大好きで、栗をふんだんに使っているのと濃厚な生クリームが使われているところがいい。食べ応えがある」(53歳女性/その他/その他・専業主婦等)

・「小さい頃から食べていて、親と一緒によく食べた思い出もあるので、忘れられないおいしさがある」(51歳女性/その他/その他・専業主婦等)

・「昔からショートケーキよりモンブラン。あの芸術的な麺状の部分、栗、たまりませんね。理由なんてないですよ。単なる憧れでしょうねぇ」(49歳男性/コンピューター機器/IT関連技術職)

・「栗が大好物で、モンブランはいろいろなケーキの中で、ボリューム感があり甘さも適度である点が好み」(57歳男性/その他金融/営業関連)

・「母が好きで、いつも2つ入りのものを購入して一緒に食べているので、自然とこのケーキが好きになりました」(46歳男性/その他/その他・専業主婦等)

○■「チョコレートケーキ」

・「チョコレートが大好きで、甘くておいしく幸せな気分になれるから」(47歳男性/サービス/事務・企画・経営関連)

・「チョコのほのかな苦味と、生クリームの甘さがマッチしておいしい」(34歳男性/その他電気・電子関連/メカトロ関連技術職)

・「チョコレートが大好きなので、チョコレートをたくさん使った濃厚な『チョコレートケーキ』がいちばん好きです」(30歳女性/その他/その他・専業主婦等)

・「もともとチョコレートが大好き。苦みと甘みで、口の中、頭の中だけでなく、全身で癒される。従って、ケーキでもチョコレートケーキが1番好き」(47歳女性/教育/事務・企画・経営関連)

・「生クリームは気持ち悪くなるけど、チョコは最後まで気持ち悪くなることがない」(52歳女性/その他/その他・専業主婦等)

○■「タルト」

・「クッキー生地とクリームと果物の絶妙なハーモニーが好き♪」(35歳女性/その他/その他・専業主婦等)

・「タルト生地がクッキーのようで好き。カスタードなどのクリームとフルーツが乗っていて、食べ応えもある」(29歳女性/その他/その他・専業主婦等)

・「子どもの頃、近所にケーキ屋があった。どのケーキもとてもおいしかったのですが、タルトの種類が充実していて、特にイチゴがたくさん乗っているタルトが大好きだった。今までいろいろなケーキを食べたけれど、そのイチゴタルトが今でもいちばん好き」(51歳女性/サービス/その他・専業主婦等)

・「生地がサクサクとして、上に乗ったフルーツなどが豪華だから」(34歳男性/建設・土木/建築・土木関連技術職)

○■「フルーツケーキ」

・「フルーツ大好きで、ケーキ大好きな私なので、当然フルーツケーキでしょう」(67歳男性/その他/その他・専業主婦等)

・「果物がいっぱいだと、うれしい。酸味と甘味のバランスが絶妙だと特にうれしい」(58歳男性/その他電気・電子関連/事務・企画・経営関連)

・「季節ごとに旬のフルーツが違うので、1年でいろいろな味が味わえる」(36歳男性/ガラス・化学・石油/その他技術職)

・「昔はチョコ好きでしたが、最近はフルーツの甘酸っぱさと、生クリームとの相性が最強であることに気付き、大好きです」(52歳女性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)

○■「ティラミス」

・「コーヒーとチーズが大好き。濃厚で大人の味がしておいしいから」(41歳女性/その他/その他・専業主婦等)

・「甘すぎず、ほろ苦くておいしい。コーヒーに合う」(35歳女性/その他/専門サービス関連)

・「好きなチョコレート、ココアパウダー、チーズを使っているし、甘すぎないところも好き」(39歳女性/教育/公共サービス関連)

・「日本でティラミスが大流行する前、イタリアで食べてびっくりした。その後ずっと、イタリア旅行の思い出となっている」(50歳女性/その他/その他・専業主婦等)

○■総評

調査の結果、「ケーキが好きかどうか」との問いに対して86.1%と、9割近くが「好き」と答えた。「どちらでもない」は 12.2%、「嫌い」はわずか1.7%だった。最も好きなケーキの種類は、24.5%を集めた「ショートケーキ」だった。以下、「チーズケーキ」(20.9%)、「モンブラン」(12.7%)、「チョコレートケーキ」(11.6%)、「タルト」(6.6%)、「フルーツケーキ」(6.4%)、「ティラミス」(4.3%)と続いた。

やはりと言うか、さすがと言うべきか、最も好きなケーキの1位は定番中の定番の「ショートケーキ」。理由としては、「王道」「基本」「オーソドックス」「シンプル」といった言葉が並ぶ。生クリームとスポンジとイチゴのコンビネーションを愛する人は多く、今でも「ケーキと言えばショートケーキ」という公式が成り立っていることがよく分かる結果となった。

2位の「チーズケーキ」も、多くの支持を集めた。冷製のレア、温製のベイクド、湯煎焼きのスフレなどの種類があり、特にチーズ好きの女性に好まれている印象だ。好きな理由にも、「チーズが好きなので」や「チーズの風味がいい」など、チーズ愛好家の声が並んでいる。

「モンブラン」や「チョコレートケーキ」、「タルト」、「フルーツケーキ」も、栗やチョコ、フルーツなど、そのケーキを特徴付けている部分に惹かれているという声が多い。

今でこそケーキは、コンビニやスーパーで日常的に目にすることができ、またそのクオリティもとても高い。しかし、かつては誕生日やクリスマスなどのイベント時にしか食べられない、スペシャルなお菓子だった。今の子どもたちには想像もできないだろうが、生クリームではなくバタークリームと、しっとりではなくパサついたスポンジ、イチゴを模したゼリーが乗ったケーキであっても、それこそ夢にまで見るような存在として輝いていた時代があった。そんないにしえのケーキを、今も懐かしく思い出す年配の方もきっといることだろう。

調査時期: 2018年2月11日

調査対象: マイナビニュース会員

調査数: 1,009人

調査方法: インターネットログイン式アンケート

※写真と本文は関係ありません