鮑のステーキや牡蠣、白子などが味わえるコースがお得

新橋はがやがやした居酒屋しかなくて、足が遠のきがちだな…という人にこそ知って欲しい大人が通う名店を発見!その名も『花未月』。

気軽な雰囲気でありながらも、しっかりと上質な和食を味わえる。



裏路地に佇む『花未月』
新橋の喧騒を感じさせない。ゆったりとした大人の空間

新橋駅から徒歩3分。駅前の喧騒を抜けて、裏路地に入ったところに『花未月』はある。

しっとりとした佇まいに、店先に到着した瞬間、ここが新橋であることを忘れてしまいそうになる。

店内に入ると、初訪問なのに、なぜか一度来た事があるかのような懐かしさを感じてしまうはず。それほど、落ち着きと温もりをもったお店はそうは見つからない。



「お刺身盛り合わせ」※写真は3人前
刺身から始まる絶品コースがお得

『花未月』ではコースでの注文がおすすめだ。

4,000円、5,000円、7,000円コースなど、予算に応じて内容は異なるが、5,000円コースから「あわびステーキ」が付くというお得さなのである!

今回は旬の味わいをたっぷり楽しめる7,000円コースをオーダー。一品目に登場する「お刺身盛り合わせ」以外は、全て一人前ずつ小皿で提供されるのも嬉しい心配りである。



(写真手前)「甘鯛の柚庵焼き」(写真奥)「里芋、新タケノコ、蛸のすり身揚げ、フキの炊き合わせ」

鮮度抜群の「お刺身盛り合わせ」は旬の魚介を使用。この一皿だけでもグイグイお酒が進んでしまいそう。

この日は、ヒラマサ、しめ鯖、タコ、本鮪の中トロ、ヒラメ、くじらの6種。ニンニクか生姜醤油で味わう、くじらのお刺身なども特徴的で、多くの人がこのお刺身目当てに訪れるという。



(写真手前)「兵庫県産の生牡蠣」(写真奥)「白子ポン酢」

焼き物や炊き合わせも、ひとつひとつ丁寧な仕事を感じ、その料理の味わいにぴったり寄り添うお酒を合わせて、じっくり味わいたくなる。

コース最後に提供される鮮度抜群の北海道産の真鱈の白子を使用した「白子ポン酢」も絶品。

「生牡蠣」が苦手な人には、焼きに変更したり、食材自体の変更にも対応してくれる。



「佐賀牛のたたき 花わさび添え」

新鮮な海の幸を味わった後は「佐賀牛のたたき 花わさび添え」が運ばれてくる。

自家製の花わさびを合わせながら、味わえばほど良くサシの入った佐賀牛のたたきの美味しさをより一層引き立ててくれる。


贅沢!アワビを丸ごとステーキに!



「あわびのステーキ」
こんなにプリッと柔らかなあわびは初めて!

お刺身と同様に、「あわびのステーキ」を目当てに訪れる人も多い。

千葉県産のあわび、活きた状態で仕入れ、注文が入ってから貝から外して焼き上げられるあわびは、歯が不要なほどの柔らかさ。

バターと醤油、酒を合わせて作るコクのあるソースもお酒のペースを上げてくれる。



テーブル席の他、座敷席も備え接待・会食にも最適

新鮮なお刺身に、白子、牡蠣、佐賀牛、そしてあわびまで……贅の限りが詰め込まれたコースが、7,000円とは驚きである。

この地で20年以上続く『花未月』は、一度来たらリピート必至。会食や接待での利用も多く、大人がゆったりと寛げる空間となっている。