転倒した沈錫希(左)と崔ミン禎=22日、江陵(聯合ニュース)

写真拡大

【江陵聯合ニュース】平昌冬季五輪第14日の22日、スピードスケート・ショートトラック女子1000メートル決勝が行われ、共に優勝候補に挙げられていた韓国の沈錫希(シム・ソクヒ)と崔ミン禎(チェ・ミンジョン)がレース終盤に衝突、転倒してメダルを逃す予想外の展開となった。

 ラスト1周。スピードを上げてコーナーを回ろうとした崔が3番手につけていた沈と接触し、滑って同時に転倒。沈は失格となり、崔は4位に終わった。

 このレースで、沈は3000メートルリレーでの金メダルに続く個人戦での優勝、崔は1500メートル・3000メートルリレーの金に続く3冠を狙っていた。