世耕弘成経済産業大臣(写真:つのだよしお/アフロ)

写真拡大

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 2月18日、平昌オリンピックでスピードスケート女子500mの小平奈緒選手が金メダルを獲得し感動に包まれているなかで、秘書仲間の残念なニュースが飛び込んできました。

 世耕弘成経済産業大臣の政策担当秘書・川村太祐容疑者がタクシー運転手の男性を殴ったとして、警視庁中野署に暴行で現行犯逮捕されていたことが明らかになったのです。よほど暴れてしまったのでしょうか。知人の名前に“容疑者”がついて報道されると、とても不思議な気がします。

 川村秘書は、神澤的には「気のいいおじさま」でしたが、一方では「横柄」との評もあり、ボスである世耕議員の威光を笠に着て偉そうにしていたのかもしれません。ただ、「暴力をふるう人」という印象はまったくなかったので、驚きました。世耕議員は長らく政府の要職についているので、議員会館での政策秘書としての業務も、そう忙しくはなかったと思います。

 しかし、横柄と暴力は違います。事件が起きたのは夜中の2時過ぎで相当酔っていたそうですが、「お酒に飲まれてしまうと怖いな」と思いました。

 タクシー運転手への暴力といえば、昨年11月には札幌弁護士会所属の杉山央弁護士がタクシー運転手への暴行で書類送検されました。その後、車内の映像が公開され、そのひどさに驚いた人も多いと思います。逮捕されて有罪となれば弁護士資格を失うところでしたが、結局は略式起訴による罰金30万円で終わり、今も弁護士資格を保持しています。

●蓮舫議員の元秘書も痴漢容疑で退職していた

 川村秘書の件もそうですが、永田町の住人が事故や事件を起こすとメディアが喜ぶので、通常よりも話がややこしくなることがあります。特に、今回は閣僚を歴任している大物議員の秘書ですから、メディア的には“おいしい”事件でしょう。

 もちろん、秘書も気をつけないといけません。加害者ではなく被害者の立場であっても、ことさらに「オレは○○議員の秘書だ」などと強調したりすると、後に記者クラブでの雑談などで話題になってしまいます。

 だいぶ前ですが、行政刷新大臣時代の蓮舫議員の元公設秘書の“事件”がいい例でしょう。2010年6月、深夜に路上で10代女性に自転車で近づき、追い抜きざまにスカートをめくってお尻をさわったとして、痴漢容疑で任意同行となりました。

 女性は被害届を出さなかったため、その秘書は近くの交番で事情聴取を受けただけで終わったのですが、このときに名刺を置いて帰ったそうです。後になって、記者クラブで「最近、おもしろいことないね」となったとき、「そういえば……」と話題に上がって報道されてしまったのです。つまり、この秘書は自分から事件にしてしまったようなものです。後に秘書の職を辞していますが、当然でしょう。

 これは極端な例ですが、秘書たるものボスである議員への影響を配慮して、名刺は極力出さないのが基本であり、自ら身分を明かすなんてもってのほかです。

 神澤の同僚の秘書は、クルマで追突されたときに「警察官からボスの名前をしつこく聞かれた」と言っていました。被害者であり免許証は提示しているのに、なぜボスの名前を明かさなくてはならないのでしょうか。警察は「国会議員の先生から問い合わせが来たときに、対処できるようにしないといけないから教えろ」とかなりしつこかったそうです。

●議員会館を“ラブホ代わり”にした秘書は否認

 それにしても、最近は秘書の不祥事や事件が報じられることが多い気がします。もしかして、昔はもみ消されていたということなのでしょうか……。

 鳩山二郎議員の元公設秘書で国税庁への“圧力”疑惑が報じられた小沢洋介さんも過去に警察に勾留されたことがありますが、その当時はまったく報道されませんでした。おそらく小沢さんは、当時勤めていた鳩山邦夫事務所の名前を一切出さなかったのだと思います。

 お酒に関しては、15年9月に鈴木貴子議員の元政策秘書も、酔って暴力をふるったとして傷害容疑で逮捕されています。その秘書さんも、特に酒癖が悪いという噂はない人だったので、このときも驚きました。

 お酒以外では、今年1月に「週刊ポスト」(小学館)で「出会い系サイトで知り合った女性を国会議員会館に連れ込んでラブホテル代わりにしていた」と報じられた政策秘書もいましたね。

 その秘書は、今も「記事は捏造」と主張しているようですが、記事には「議員事務室にブランケットを敷いて行為に及んだ」とあるため、党内では「ブランケット」が禁句になっているそうです。秘書仲間は「だって、会議とかで笑っちゃいそうで」と言っていました。

●公設秘書は連座制の対象に

 さて、逮捕された川村秘書はこれからどうなるのでしょうか。

 国家資格である政策担当秘書は逮捕されただけで資格を失うことはありませんが、拘留されれば仕事ができなくなるため、ボスである議員の裁量で解職になることが多いです。裁判で禁固以上の有罪が確定すれば資格も失いますが、一定の期間が過ぎれば秘書資格を再取得するための試験を受けることは可能です。

 いずれにせよ、お酒に酔って暴行するという行為は許されないものです。そもそも前後不覚になるほどお酒を飲まないようにするのが、秘書だけでなく社会人としてのマナーです。大臣秘書でも学生のアルバイトでも、悪いことをすれば逮捕されます。そこで秘書の身分を悪用したり警察に“忖度”させようとしたりしても、いい方向に転ぶことはないでしょう。

 この事件を聞いて、神澤も「国会議員秘書という仕事に誇りと自覚を持って、しっかり仕事をしなくては」とあらためて思いました。私たちの仕事は、国民のためによりよい法律をつくるボス(国会議員)たちのサポートです。そこでサポート役の人間が偉そうにしていれば、今回のように必ず報いを受けます。

 秘書は「公人」ではありませんが、公設秘書は連座制の対象になるため、何かあればボスの身分まで奪ってしまうこともあり得ます。そのため、日頃から慎重に行動しなくてはならない立場なのです。
(文=神澤志万/国会議員秘書)