Sansan株式会社は、名刺アプリ「Eight」の企業向け有料プラン「企業向けプレミアム」にて、社内ユーザー間で共有された名刺データを検索できる新機能を追加した。

 これまで各社員が共有した社内の名刺データを確認するには、PC版Eightで名刺データをCSV形式で一括ダウンロードする必要があった。今回の新機能により、社員同士が共有された名刺の検索が可能になり、人脈の共有が容易になる。

 企業向けプレミアムは、Eightの有料プラン「Eightプレミアム」の企業向けプランとして2017年10月に提供を開始。企業ページアカウント管理者のみ契約できるもので、料金は月額1万円(税別)。利用にはEightプレミアム(Android版/月額400円、iOS版/月額480円)の登録も必要になる。

 なお、同社が提供する法人向けの名刺管理サービス「Sansan」との違いとしては、小規模企業でも法人向けの機能を安価に導入できることを特徴としている。