株式会社グレイス (参考商品) ©Disney

写真拡大

ディズニー商品の総合展示会「DISNEY EXPO JAPAN 2018」内の、ベビー・キッズ向け商品を集めたブースを取材しました。

【フォトギャラリー46枚】2018最新「ディズニー」ベビーグッズ&知育玩具

今後発売される、最高品質のこだわりDisney Baby商品と、秋にリニューアルが予定されている知育玩具について、詳しく紹介します。

特にディズニー・クラシック作品が大好きなプレママ、ディズニー好きな家族への出産祝いを探している方は、要チェックです!

※掲載した商品の中には、監修中の参考商品が含まれます

※デザイン、発売時期は変更になる可能性があります

ハイエンド商品がズラリ! 世界で一番大切な赤ちゃんに、最高級のディズニーベビーグッズを

「DISNEY EXPO JAPAN 2018」の一角に集められた、Disney Baby商品。

なんだか、ブース全体に高級感が漂います。

というのも、ここに集められているのは、デザイン性が高く高品質なハイエンド商品。

お誕生日や節句のお祝いといった、"ハレの日"に使いたいこだわりの商品が並びます。

日よけにキャラクターが描かれた籠の乳母車、おしゃれなモノトーンのシャツやドレス、うっとりするほど柔らかいエイデンアンドアネイのスワドル(おくるみ)など、最高品質のベビーグッズは、大切な赤ちゃんへの最初の贈り物としてふさわしい物ばかり。

会場では、ハイエンド商品向けの「Disney Baby」ロゴも、初お披露目されました。

トレンドは「ディズニー・クラシック」

今年展示されていたベビーグッズに描かれているキャラクターは、『不思議の国のアリス』、『ダンボ』、『白雪姫』や『ピノキオ』といった、ディズニー・クラシックの名作映画のキャラクター達。

ママが共感できる、ディズニーのストーリーを大事にしてのラインナップだそうです。

テーマは「Fun & Wonder」

「Fun & Wonder」をテーマに、ウォルト・ディズニーが大切にしていた"遊び心"と"驚き"をもってデザインされたベビー商品は、キャラクターが子供向けにデフォルメされるのではなく、映画のタッチそのままで描かれていたり、ラフ・スケッチを使用しているものが目立ちました。

ギフトとして定番のミッキー&フレンズも、クラシックな絵柄で描かれています。

展示されていたDisney Babyのハイエンド商品は、「赤ちゃんらしさ」よりも「ディズニーが大好きなパパ、ママが選びたくなること」に重きを置いてデザインされているように感じました。

遊びながら学べるディズニーの「知育玩具」がリニューアル!

Disney Babyブースの横には、2歳から6歳頃までの未就学児を対象にした、知育玩具が展示されていました。

今後発売される新商品と、既売の人気玩具のパッケージを刷新してそろえ、2018年秋(予定)から本格的にブランディングしていくそうです。

6つのカテゴリーアイコンで「何が学べるか」がわかりやすくなる

秋から刷新される玩具のパッケージには、次の6つのカテゴリーアイコンが表示され、その玩具で何が学べるのかが一目でわかるようになります。

【社】ごっこ遊びで知性を学ぶ

【学】遊びながら学ぶ

【体】遊びで体を動かす

【創】創造力は遊びから

【音】遊びで身につくリズム

【遊】遊びは大切なお勉強

おじいちゃん、おばあちゃんも、お孫さんへのプレゼントが選びやすくなりそうですね。

「DISNEY EXPO JAPAN 2018」に展示された、最新のディズニーデザインのベビー商品、知育玩具を紹介しました。

出産祝いや入学祝いなど、小さな子供への贈り物を検討している方は、今後続々と発売されるDisney Babyのハイエンド商品から選んでみてはいかがでしょうか。

(撮影/つるたま)

■取材・撮影

DISNEY EXPO JAPAN 2018

会場/東京ビッグサイト「第85回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2018」内