<アジア・パシフィック女子アマチュア選手権 2日目◇22日◇Sentosa Golf Club NEW Tanjong Course(6,456ヤード・パー71)>
日本勢7人が参戦しているシンガポールのセントーサGC開催の「第1回アジア・パシフィック女子アマチュア選手権」の2日目。全選手がこの日の競技を終え、スコアを2つ伸ばした西村優菜が首位と2打差のトータル4アンダー・5位タイで大会を折り返している。
【関連】現地よりお届け!フレッシュアマのスペシャルLIVEフォト
トータル3アンダー・8位に安田祐香、トータル1アンダー・9位タイに先週の米国女子ツアー「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」でローアマを獲得した吉田優利、古江彩佳、稲見萌寧が続いた。
吉田と同じくISPSハンダ-に出場した山口すず夏はトータル2オーバー・17位タイで決勝ラウンドへ。佐渡山理莉はトータル9オーバー・54位タイとカットラインに1打届かず、予選落ちを喫している。
トータル6アンダー・首位タイに昨年の欧州ツアー「タイ選手権」を14歳4か月で制したアッタヤ・ティティクル(タイ)とチョン・ユンジ(韓国)が立っている。
今大会の優勝者には、いずれも2018年開催の「HSBC女子チャンピオンズ」、「ANAインスピレーション」、「全英リコー女子オープン」の出場権が付与される。
【2日目までの順位】
1位T:アッタヤ・ティティクル(-6)
1位T:チョン・ユンジ(-6)
3位T:チョ・イェン(-5)
3位T:ロイス・カイ・ゴー(-5)
5位T:西村優菜(-4)
5位T:ユ・ヘラン(-4)
【関連動画】アジア・パシフィック女子アマチュア選手権 出場7名 意気込み
イ・ボミ、成田美寿々ら出場 米ツアー ホンダLPGAタイランド初日のリーダーボード
イ・ボミのセクシーオフショットが満載!ALBA特選写真館
米ツアー初出場・ローアマ獲得の吉田優利、プレースタイルは「ビッグスコアよりも安定派」
2018年初戦に挑むイ・ボミ 今季の目標は“スマイル一番”!