【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官が国連人権理事会ハイレベル会合とジュネーブ軍縮会議に出席するため25〜28日の日程でスイス・ジュネーブを訪問する。同部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官が22日の定例会見で発表した。

 康長官は国連人権理事会で演説を行う。北朝鮮の人権問題についても言及する予定だ。旧日本軍の慰安婦問題について取り上げるかどうかは検討中だという。

 軍縮会議では、北朝鮮核問題の平和的解決のため国際社会の団結を強調する一方、国際的な軍縮・核不拡散体制の強化に向けた韓国政府の努力と寄与の意志を表明する。