画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●17年ぶりのロボット掃除機

エレクトロラックスが3月2日に発売するロボット掃除機「PUREi9(ピュア・アイ・ナイン)」。実は2001年に同社が発売した「トリロバイト」以来のロボット掃除機です。17年ぶりに"満を持して"お披露目されたPUREi9をお借りして、その実力をチェックしてみました。

PUREi9の実力を検証する前に、まずは基本情報から。大まかな形状は、パナソニックのロボット掃除機「RULO」と同じように三角形を基本としていますが、三隅をそれぞれ裁ち落した独自のデザイン。野球のホームベースのような形です。

外形寸法は、幅32.5cm×奥行28cm×高さ8.5cmと、高さに関しては現在のロボット掃除機市場において圧倒的に薄型。幅・奥行は同じ三角形のRULOよりも小さく、高さに関してはコンパクトさを訴求した日立アプライアンスのロボット掃除機「minimaru」(高さ9.2cm)よりも小さいことになります。外観デザインに関しては、ブロンズを基調としたメタリックながらもマットな質感で、高級感があります。

バッテリーはリチウムイオン電池を採用。充電時間は約3時間で、運転時間は通常モードで約40分、ECOモードで約60分の仕様です。ECOモードは吸引力を弱めることで、バッテリーの延命と静音化を図ります。

通常の掃除モードでは運転開始後、壁に沿って移動してから、部屋の中央に向けて動きます。広い部屋の場合には、部屋を最大約2m四方に分割し、ブロックごとにこの動作を繰り返して清掃範囲を広げていきます。これ以外に掃除モードとして"スポットクリーニング"も用意しました。周辺約1平方メートルの範囲を重点的に2回掃除するモードです。

操作は本体上部のパネルから。液晶タッチパネル方式で、スタート/停止ボタンのほかにモード選択ボタンと、充電台に戻すためのホームボタンのシンプルな構成。パネルには操作時だけボタンが表示されるため、未使用時はスッキリとしていて、デザイン性を損ねないのが好印象です。また、無線LANでスマホと接続することで、スマホアプリによる遠隔操作にも対応しています。

スマホアプリは、本体のタッチパネルと同じ操作をリモートで行う機能に加えて、掃除する時間を決めるスケジュール設定などができます。現状、他社のロボット掃除機で採用されているような、清掃履歴やマップ表示などの機能は搭載されていません。エレクトロラックスによると、2018年春にもアプリのバージョンアップを予定しており、これらの機能に対応する見通しとのことです。

ロボット掃除機のテクノロジーとしては、掃除しながら地図を作成し自分の位置を認識しながら自走する"SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)"機能を搭載。さらに、本体前方の左右2カ所に赤外線レーザーの発光部、前方中央にはレーザーを受信するカメラを搭載。

物体に当たって跳ね返ったレーザー光を3D画像として解析する「3D Visionテクノロジー」により、進行方向にある障害物と部屋のレイアウトをリアルタイムで同時に認識できる点が特長です。他社のロボット掃除機は、赤外線センサーと天井部にあるカメラでそれぞれ別のものを検知する仕組みが主流である中、人間の目で見るような感覚で物体をとらえられるという利点があります。

●PUREi9をシゴく!

実際の動きはどうでしょう。PUREi9のマニュアルによると、充電台を設置するには左右50cm、前方に1.5mのスペースが必要とのこと。他社のロボット掃除機とほぼ同等の条件ですが、PUREi9は本体の奥行が小さいぶん、優位なポイントともいえます。

結果は残念ながら、部屋全体を掃除してはくれませんでした。まだ掃除をしていないエリアがあるのに、PUREi9はいそいそと充電台に戻ってしまいました。とはいえ、清掃中は障害物をしっかり認識できている様子。障害物ギリギリまでアプローチしながらも体当たりすることはほぼなく、どのロボット掃除機よりも前方がしっかり把握できていると感じました。

一方、前が見えすぎているあまりに立ち往生しているような場面も。前後左右に家具などが置かれている実空間だと、見えすぎることが不利益に働いてしまうこともあるのだと思います。たとえば、布製のソファカバーを障害物と認識したようで、ソファの下に潜り込んで掃除してくれなかったのは、筆者宅での難点でした。

完全に安全な無人運転のクルマを作ろうとしたら、それはまったく動かない自動車になってしまうという話を聞いたことがありますが、まさにそんな状態です。逆にいえば、ある程度広々とした空間であったり、絶対にぶつかってほしくない家具があったりする場合には安心して動かせると思います。

多くのロボット掃除機が苦手とする、コード類への対応は優秀です。試用期間中、我が家の環境ではコードの巻き込みなどによるエラーは一度もありませんでした。サイドブラシの毛足が長いので、コードを引っ掻けてしまいそうに思っていましたが、柔らかくしなりのある素材のため、走行中は床面に貼りつくように密着して動き、コードを検知したら吸引力やブラシの動きを細かく制御して、ブラシに絡まないように対応してくれます。

構造上のPUREi9の特長として、吸引ブラシとサイドブラシ、駆動用のモーターがそれぞれ独立して配備されていることが挙げられます。これにより、前述のようにサイドブラシを単独で細かく制御することができるというメリットがあります。その一方で、モーター音がそれぞれに発生してしまうため、運転音は少々大きい印象です。耐えられないほどではありませんが、住宅環境によっては注意が必要かもしれません。

次に、スペースを十分に取り、広めで見通しのよいリビングに充電台を設置してテストをしてみました。すると、掃除の範囲が広がったように感じました。しかしながら、まだまだ部屋を隅々とまではいかない状態。マニュアルを再度確認してみたところ、「強い光、鏡張りの壁、床から天井までの高さの窓、および光沢の強い物があると、3Dビジョンシステムが誤作動する場合があります」と記載されていました。

筆者宅のリビングはまさにこれに当てはまります。床から天井まで伸びる窓があり、日中の室内はとても明るくなります。PUREi9にとっては少々まぶしすぎる部屋なのかもしれませんね。夜間、照明を落とした状態なら、もう少し正確に稼動してくれそうですが、家族が在室している夜間よりも日中の不在時に動かしたいのが本音。動作音の問題もあるので、夜間の動きは試していません。

このほか、PUREi9でよいと感じたところは"排気"です。本体後方にオーディオスピーカーのような見た目の排気口が設けられています。ここから強い風が排出されることはなく、ダストボックス部分の二重のフィルター構造と合わせて、排気中に小さなゴミを撒き散らしにくくなっています。喉の粘膜が過敏症の筆者としては安心感があり、評価が高いポイントです。

ダストボックスは本体上部からそのまま上に抜き出す方式。フィルター部分の開閉も含めて、固くて最初は扱いにくい印象がありましたが、慣れの問題です。小型な本体にもかかわらず集じん容積は700mlと大きめで、ペットのいる家庭にはありがたい仕様でしょう。ペットの毛って、意外とかさばりますよね(掃除機のダストボックスがすぐいっぱいに……)。

ダストボックスはすべて水洗いができるため、お手入れもラクです。また、サイドブラシはマグネット式で簡単に着脱できる点も秀逸。髪の毛が絡みやすく、小まめなお手入れが必須かつめんどうなパーツなのでうれしい仕様です。

PUREi9を試用した一言感想は、「賢いが時に慎重すぎるロボット掃除機」。光や明るさに弱いという弱点もあるため、実力を最大限に活かすためには、条件や部屋の間取りを選ぶ製品だと感じました。

また、SLAMを搭載しているため、いかに正確な"部屋マップ"を作らせるかが重要。条件が整わない環境で使いはじめると、部屋の間取り図を正確に作れません。当たり前ですが、メーカーが推奨する使用条件を守って動かすことが大切ですね。