画像提供:マイナビニュース

写真拡大

金融向けソリューションや公共機関向けソリューションをはじめ、ECサイト構築やRPA業務自動化などのソリューションなど幅広くソリューションを展開するアイティフォーは、クラウドサービス「IPaC」(ITFOR Package Cloud)の提供を21日より開始した。

クラウドをIaaS(Infrastructure as a Service)で提供するもので、CPUの1コアからの指定、メモリー、ストレージ、仮想ルータ、専用回線配線などリソース容量の選択裁量の幅を持たせてあることが特徴で、同社ではvCPU(仮想CPU)1コア2,500円、メモリー1GB1,000円、ストレージ1GB10円と月額での利用料金(いずれも税抜き)を発表している。また、希望の物理機器のクラウド環境への設置、仮想サーバー単位での暗号鍵の設定などセキュリティ強化も発表している。

同社がECサイト構築パッケージ「ITFOReC」(アイティフォレック)、小売業向け基幹システム「RITSクラウド」やコンタクトセンター向けシステム「Aspect製品」で提供してきたクラウドへの要望を受け開始するもので、ユーザーニーズに応えるものとなる。