篠崎愛、吉木りさ宅での“1人ホールケーキ”事件

写真拡大

グラビアアイドルの篠崎愛(25歳)が、2月21日に放送されたバラエティ番組「篠崎愛の初体験ラボ」(AbemaTV)に出演し、タレントの吉木りさ(30歳)の家で行われたクリスマスパーティーでホールのケーキを一人で食べ尽くそうとしていたと暴露された。

VTRで当時の様子を話し始めた吉木によると、篠崎と同じくグラビアアイドルの天木じゅんらと共に、チーズフォンデュを食べるなどクリスマスを満喫。食後に吉木のお気に入りだという「パティシエ イナムラショウゾウ」のモンブランケーキをホールのままテーブルに出し、吉木は一旦お皿を下げに台所へ行った。

すると、天木が「吉木さん、大変です! 篠崎さんがモンブランすごく食べてしまってホールがもうなくなっちゃいます」と報告、テーブルへ戻った吉木はケーキの底の部分だけ食べる羽目になったという。

スタジオで吉木のVTRを見ていた篠崎は、このモンブランケーキ事件については、酔っていたせいか全く身に覚えがないそう。だが、誕生日の近い篠崎のために、この日はスタジオに吉木からモンブランケーキをホールで届けられており、試食すると「思い出した。モンブランたぶん初めて食べて、食が進んでた」と言いながら、ケーキに満面の笑みを浮かべていた。

ネットでは「本当によく食べるな」「逆にあの体型をキープできているのすごいのでは」「吉木りさ優しいね」といった反応が寄せられている。