1999年の今日、NTTドコモが携帯電話を使った情報通信サービス「iモード」サービスを開始しました。サービス開始時には、新聞社がニュースを提供したほか、銀行の残高照会、証券会社の株価表示、イベントのチケット情報、ホテル予約などが利用できました。月額使用料は月額300円のほか、通信料金としてデータ量に応じて0.3円/1パケット(128バイト)でした。例えば、モバイルバンキングの残高照会で20〜30円でした。また、有料サービスを利用した場合、情報料が別途かかるサービスもあり、この情報料はNTTドコモが電話料金とともに請求する(いわゆる「キャリア課金」)という画期的な仕組みでした。

出典:「INTERNET Watch」1999年1月22日付記事
『NTTドコモ、携帯電話単体で利用できるネットワークサービス「iモード」発表』

▼「TIMEMAP」で深読み
『NTTドコモ』と『iモード』と『携帯電話』の足跡をたどる


「今日は何の日」について(インプレスグループ創設25周年企画)

「今日は何の日」は、INTERNET Watchのバックナンバーから、今日という日付に起きた注目すべきニュースを取り上げて解説するシリーズコンテンツです。一般社団法人タイムマップの時系検索エンジン「TIMEMAP」の協力で実現しました。(時限企画:2018年3月まで)