紅茶や揚げ物などによく添えられるレモン。冬は皮まで楽しめる国産のレモンがおいしい季節です。今回は作り置きしておけば重宝する、レモンを使ったレシピをご紹介します。

砂糖とハチミツで甘く煮たサツマイモに、レモン、塩、薄口しょうゆで味付けしたこちらのレシピは、レモンの酸味とサツマイモの甘さが絶妙なバランス! さらにまろやかな甘さのハチミツが、味に深みを出してくれます。

おかずにはもちろん、体にやさしいおやつにもぴったり。またお弁当の彩りおかずとしても重宝しそうです。休日に多めに作り、常備菜として冷蔵庫にスタンバイさせておくのもおすすめですよ。

■サツマイモのレモン煮

調理時間 25分 1人分287Kcal


レシピ制作:E・レシピ


<材料 2人分>
サツマイモ 1本
白ワイン 大さじ2
水 適量
砂糖 大さじ1.5
ハチミツ 大さじ1.5
レモン汁 小さじ2
レモン(輪切り) 2枚
塩 小さじ1/4
薄口しょうゆ 小さじ2/3

<下準備>
サツマイモは皮ごときれいに水洗いし、幅1.5cmの輪切りにして10分間水に放つ(細い場合は皮ごときれいに水洗いし、食べやすい長さの輪切りにして水に放つ)。


<作り方>
1、深めのフライパンに水きりしたサツマイモを並べ、白ワイン、かぶるくらいの水を入れ、中火にかける。煮たったら火を少し弱めて5〜6分煮る。


2、砂糖、ハチミツを加えてさらに5〜6分煮る。サツマイモが柔らかくなったらレモン汁、レモン、塩、薄口しょうゆを加え、2〜3分煮て火を止める。そのまま10分以上置いて味を含ませ、器に盛り分ける。


レモンを皮ごと使うので、防カビ剤不使用のレモンがおすすめです。

(ジェイ真葉)