「猫カフェ れおん」にはマンチカン、アメリカンショートヘア、三毛猫など約25匹のネコたちが。おやつの時間はネコたちの視線が手元に集中!

写真拡大

2月22日はネコの日。そんなネコの日に訪れたい、横浜市内のネコカフェを紹介。人懐っこいネコと自由に写真も撮れるので、家に帰っても癒されること間違いなし。ネコ好きにとってはまさに天国ともいえるようなネコカフェでたっぷり好きなだけ遊ぼう。

【写真を見る】入店した瞬間から、ネコたちの視線がコチラに!

■ 横浜初のネコカフェ!「猫カフェ れおん」

2008年に横浜初のネコカフェとしてオープン。ドラマ「サザエさん」でタマ役を演じたフーちゃんもいる。また、里親募集中のネコとも触れあえるので、ここで新しい家族に出会える可能性も。

マンチカンやアメリカンショートヘア、三毛猫など約25匹のネコたちがおり、おやつタイムはみんな興味津々。視線が自分の手元に一斉に集中する。

カフェで食事をするときは、ネコがいる部屋とカフェスペースが完全に分離しているため、猫の毛が気になる人でも安心。

■ いろんな性格のネコがたくさん!「キャットカフェ ミーシス」

「キャットカフェ ミーシス」は、横浜初の保護ネコカフェとして2009年にオープン。広い店内には、アメリカンショートヘアやサイベリアンなど約29匹のネコたちがいる。12:00、19:00はご飯の時間なので、この時間を狙って店を訪ねれば、元気なネコたちの姿を見ることができる。

ネコが駆け回る店内には、ネコ本が充実しているのも特徴。

■ 好奇心旺盛なネコたちがいっぱい!「まいきゃっと」

「まいきゃっと」はスコティッシュフォードやベンガル、マンチカンといった海外のネコが多く、みんな人懐っこいのが最大の魅力。

食べ物や飲み物が持ち込み自由のアットホームな雰囲気が特徴で、無料の会員になると「おやつ」(100円)をあげられるようになる。

仕事や学校のストレスも癒してくれる、アットホームなネコカフェへ行こう!

【横浜ウォーカー】(横浜ウォーカー)