「焼肉デート、大歓迎!」な女子が増えているが、都心のお洒落な焼肉店は、そのぶんカブリ率が高く「また、ここかぁ」と思われてしまう可能性も。

そんな時にオススメなのが、浅草焼肉! 魅力は何と言っても、肉質の良さやカットの厚さの割に、お安く楽しめること!

都心の高級店と比べても、遜色ない肉が格安で食べられるとあって、わざわざ浅草まで食べに来る人も急増中!

そんな浅草焼肉の鉄板店をご紹介しよう。




浅草焼肉で、抑えておくべきは鉄板の3軒!


浅草は、創業30年超えの老舗店が軒を連ねる昭和焼肉の聖地。家族経営の店も多く、アットホームな雰囲気と昔から変わらぬ味に魅了されて通う常連も多い。

今では焼肉店の売りのひとつとなった厚切りや大判カットもこの街では常識で、都心で狆〞とつくランクと同レベル(もしかしたらその上を行く!?)の肉を驚きの価格で提供している。

東京屈指の焼肉タウンなだけにそれぞれの店には食べるべき、自慢の逸品が。

『金楽』は、ブロック状のジューシィなハラミ、『本とさや』はステーキ顔負けの極厚カルビ、『冨味屋』は丁寧に下処理された新鮮ホルモンと、店を代表する肉メニューがそろう。

香ばしい匂いと立ち込める煙の向こうに見えるのは幸せそうに肉を頬張る彼女の笑顔……。

「カジュアルな服で来てね」と事前にアナウンスをして気遣い上手な一面を見せるのもお忘れなく!



雷門から徒歩3分の好立地。肉厚ハラミ発祥の地で肉本来の味に開眼
『金楽』

1972年に創業した浅草屈指の老舗焼肉店。店は浅草の食通街に。日が暮れると灯る看板は、浅草寺に次ぐ浅草のパワースポットと言っても過言ではない。

特注の網を使った炭火七輪には天然炭を用い、肉の仕入れは、全幅の信頼を置く業者から。

コチュジャンやキムチはすべて手づくりにこだわるストイックさが、今も昔も変わらずに愛される秘密だ。とくに店主が「第3の調味料」という炭は、くべるタイミングや重ね方にも配慮。

ブロック状のハラミが網上で次第にパンプアップし、ふっくらジューシィに焼き上がるのも天然炭ならではだ。焼きに自信がなくともこの店なら安心。

率先して肉を焼き、彼女を至福の焼肉体験へと誘おう。



ハラミ(塩)¥950(写真は2人前)。焼きのコツはあまり肉に触れず、表面に肉汁がうっすらと浮いてきたら返すこと。トングで持ってぷるんとした弾力を感じたら食べごろ



1階は小上がりとテーブルが。2階は座敷のみ。特製のキムチも甘めで抜群に旨い


残りの2軒も浅草を代表するお店!



都心なら倍の値段は覚悟!サシが美しい極厚カルビをじっくり育てる
『本とさや』

観光客が少ない国際通りの裏道に佇む『本とさや』は、昼から深夜までノンストップで営業する人気店。

看板の「味は最高、量はタップリ」に偽りなく、店内の壁を埋め尽くす著名人のサインも目を見張る。

焼肉慣れした女子の心をも揺さぶる極厚カットに定評があり「肉と情はとにかく厚く!」という先代からの教えを受け継いでいる。

なかでも2cm超えの特上カルビは、赤身とサシのバランスが秀逸で、表面をカリッと焼いて食べればタレの甘みと相まって、口の中に旨みが充満。

韓国料理からすっぽんまで焼肉以外のメニューも充実。何度も通っているうちにいつの間にか常連化しているお店だ。



特上カルビ¥2,800。『本とさや』の一番人気。肉の味がしっかりわかる後味がすっきり系のタレで。カルビは豪快な骨付きも用意。イカを自家製コチュジャンで和えたイカフェと一緒にオーダーする常連も多い



靴を脱いで上がる本館の座敷は寛ぎ度100%。長居必至の居心地のよさ




いつも食べている部位なのに食感も味もまったくの別モノ!ホルモン好きが悶絶する技
『冨味屋』

国際通りに繋がる小路は焼肉店が多数軒を連ねており、狭い区域ながら焼肉激戦地。『冨味屋』はこの地で長年歴史を刻んで来た存在だ。

澄んだ脂の旨みがのったギアラ、もちもち&サックリなレバー、ぷるりとしたホルモンに、歯切れが小気味よいミノ。

すっかりおなじみなはずのホルモンだが、こちらの一品は同じ部位でも味の印象が桁違い。

創業50年超の知る人ぞ知る名店。主の高山勇男氏が、創業者である自身の祖母から受け継いだ丁寧な下処理や時代に合わせてさりげなく進化させた味付け、歴史ある店ならではの仕入れの確かさで、評判を高めている。

当然、正肉のクオリティも申し分なし。焼肉を食べこんだ女子ほど、技の違いに驚くはず!



ホルモン4種盛り(塩)¥1,200。部位はその日に良いコンディションのものがおまかせで登場。味付けはタレも選択可



フルリノベーションを経て、昨年10月に新装開店。気取らぬ雰囲気は以前のままだが、すっきりとした空間に。新設したパワフルなダクトも頼もしい