BIGBANGのG―DRAGON(所属事務所提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループBIGBANG(ビッグバン)メンバー、G―DRAGON(ジードラゴン)が歌謡曲の作詞部門で2017年の著作権使用料収入1位を記録した。韓国音楽著作権協会が21日伝えた。

 同作曲部門の1位はBIGBANGが所属するYGエンターテインメントのプロデューサー、TEDDY(テディ)だった。