出典:https://www.shutterstock.com

LINEで会話をしているときは、スタンプを使うとちょっとアクセントをつけたりもできますよね。

男ウケのいいスタンプを上手に駆使すれば、会話をしながら好印象を抱いてもらうことだってできるかもしれません。

そこで今回は、気になる彼に送って“OK”&“NG”なLINEスタンプを紹介します。

 

■送ってOKなLINEスタンプ:さりげなく「ハート系」を使う

なんだかんだいっても、やはり男性は女性から送られてくるハートマークにはドキッとするものですし、うれしくも感じるもの。「もしかして気があるのかな?」なんて思いも、心の片隅にはあったりするものなのです。

ハートマークのスタンプや可愛らしい動物がハートを抱えているようなスタンプを効果的に使うのは、男心を揺さぶるのにもってこいです。何度も連発してしまうよりも、会話の最後などにさりげなくポンとハートマークを送ると、よりドキッとさせられますよ。

 

■送ってOKなLINEスタンプ:「女の子らしさ」を見せる

ただ文字だけの会話を続けていると、なんだか殺風景な感じにもなってくるので、装飾するという意味でもスタンプは重要な役割を果たします。そこでちょっと可愛らしいスタンプを送ってあげると、女の子らしさをアピールすることもできるでしょう。

可愛い動物キャラややさしい雰囲気のタッチのものなど、男性がまず使うことはないであろうスタンプを使うと、より女を感じさせることもできるはず。例えば、お礼を言う際などにも、ただ「ありがとう」と言うのではなく、可愛いスタンプも付け足してあげると、印象もかなりよくなることでしょう。

 

■送ってNGなLINEスタンプ:「意味不明」で困惑させる

何が言いたいのか、さっぱり意味のわからないスタンプを送られても、男性はどう返信したらいいのか困惑してしまうだけ。特に、質問をしているのに、変なスタンプで答えが返ってきたりしたら、男性は怒りすら覚えるかもしれません。

ある程度の仲の良さがある関係性であるのならまだいいですが、そうでもないのに、いきなりウケを狙ったり、おもしろさを演出しようとしすぎるとのは危険度が高いです。ちゃんと意思疎通ができず、コミュニケーションを取りにくい女性だと思われてしまいますよ。

 

■送ってNGなLINEスタンプ:「スタンプのみ」で返信する

自分が何を言ってもスタンプのみで返信をされると、男性は会話を拒絶されているような気分になります。最悪の場合、「俺のこと嫌いなのかな?」なんて、おかしな誤解を生んでしまう危険性だって秘めているでしょう。

また、スタンプを必要以上に連打してきたり、スタンプだけで会話を進めようとしたりするのもNG。スタンプを使いすぎたり、スタンプに依存しすぎている女性は、男性からするとかなりイライラするLINEだといえます。

 

LINEスタンプは使い方によって、よい印象も悪い印象も与えてしまいます。さりげなく上手に使うことができれば、男性をちょっとドキッとさせることも可能なはずですので、みなさんも試してみてください!

【画像】

※ Dean Drobot/shutterstock

【関連記事】

【男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

ごめんなさい…!「不倫相手の妻」から届いたお説教LINE

ビクンッ♡ベッドの中で男が「こいつ可愛いな…」と改めて思う瞬間