「指」はラッキーの受信アンテナ 指先のケアで幸運をつかんで

写真拡大

 手相と聞くと、手のひらに刻まれた線から判断するものと思っていないだろうか。『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)に出演の人気占い店 店長・まついなつきによれば、「手」にかかわるすべてのことを見るのが「手相」であり、指1本1本にも運気が宿っているそうだ。「常にハンドクリームを欠かさない」というまついが、手のケアの大切さを語った。

■乾燥や手荒れをそのままにすると運気は下がる

 例年より寒さが厳しい今年の冬。特に手は頻繁に使う上、冷たい外気にさらされてすぐに乾燥してガサガサになる。「手の運気は、アンテナのように立っている指から入ってきます。ひどいささくれやあかぎれをそのままにしていては運気を逃してしまいますよ」とまついは言う。

 それぞれの指に宿る運気は次のようになる。

親指……スタミナや生命力の源となる運気が宿る指
人差し指……地位やリーダーシップ、人をまとめる力がみなぎる指
中指……物事に取りかかり、じっくり形にする場合の忍耐力が得られる指
薬指……金運。財産をつかさどる運気が入ってくる指
小指……人気運、コミュニケーション能力を上げてくれる指

 気になる指はとくにこまめにケアするとよいそうだ。たとえば、リーダーとして仲間をまとめなければならないときは、「ささくれなど小さな傷にも注意して、人差し指のケアをしっかりと」とまつい。ふだんからハンドクリームを使ったこまめなお手入れで手をすべすべに保ち、運気のアンテナである指先から幸運をたくさん受信しよう。
(ことま)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock