2年連続で副主将を務めるT・ウッズ  選手としての出場は果たして?(写真は2016年大会)(撮影:GettyImages)

写真拡大

今年の9月にフランスのル・ゴルフ・ナショナルで開催される米国選抜と欧州選抜の対抗戦「ライダーカップ」。このほど米国チームの副キャプテンにタイガー・ウッズ(米国)が就任したと発表された。

【連続写真】ポージングに注目!?タイガーはスライスをこう打つ
キャプテンのジム・フューリク(米国)により、スティーブ・ストリッカー(米国)とともに指名を受けたウッズは、16年大会から2年連続で副キャプテンを務める。ミネソタ州のヘーゼルティン・ナショナルGCで行われた前回大会では、米国チームが4大会ぶりに勝利を果たし、連敗を3でストップさせた。

ウッズは「ライダー・カップは僕にとって信じられないほど特別な大会だ。副キャプテンとして、再びチームへ貢献できることに興奮しているし、連覇のために全力を尽くすよ」とコメントしている。

米国代表には、シーズン中の活躍により付与されるライダー・カップポイント上位8人が自動的に選出され、残り二人はキャプテンによる推薦枠。先週開催の「ジェネシス・オープン」開幕前には「選手としても出たい。ジム(・フューリク)に選んでもらえるようにしたい」と、プレーイングキャプテンも可能な状態と自信を持つウッズ。仮にウッズがプレーヤーに選出された場合、副キャプテンとの兼任で3大会ぶりにコースへ立つことになる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【連続写真】1年ぶりの復帰、タイガーのニュースイングはまるで「武術の達人」
ヒールになったマキロイの笑顔 「最高」だったライダーカップ【舩越園子コラム】
松山、ウッズのプレーに脱帽「“この人どうしようもないなぁ”と思った」
【関連動画】マキロイとリードがバチバチ!グリーンを舞台に熱烈競演
松山英樹の【左手親指痛】を経験者と考える マスターズには間に合うのか?