イメージ

LINE株式会社は21日、同社が運営するMVNO(仮想移動体通信事業者)事業「LINEモバイル」において、「Wi-Fiオプション」サービスの開始を発表した。月額は200円。

ユーザーごとの利用動向やニーズに合ったプラン展開が特徴のLINEモバイル。今回は、動画視聴やアプリダウンロードなどの大容量通信をよく利用するユーザー、データ通信量を節約したいユーザー向けのサービスとして「Wi-Fiオプション」を開始する。

これは、コンビニやカフェ、駅など全国約4万9000ヶ所のWi-Fiスポットで公衆無線LAN(無料Wi-Fi)が利用できるようになるもの。出先でよくWi-Fiを利用するユーザーには特に利便性が高そうだ。

主な利用可能店舗はセブンイレブン、ローソン、スターバックス、タリーズ、PRONTO、モスバーガー、デニーズ、イトーヨーカドー、ヨークマート、上島珈琲店、ロッテリア、CAFÉ de CRIÉと利用可能なスポットは多い。また、サービスを利用する際は簡単な初期設定だけで接続可能。セキュリティもWPA2方式の暗号化に対応しセキュリティ強度が高い。

そのほか、フリーWi-Fiなどのセキュリティが気になるユーザーには、フリーWi-Fiの安全性チェックや、不正サイト・不正アプリによる個人情報の漏洩、ウイルス感染などを防げる「ウイルスバスターオプション マルチデバイス版」(月額420円)も提供する。

「速度制限が気になる」「動画をよく見る」「自宅にWi-Fiがない」など、データ通信量を節約したいユーザーにオススメのサービスと言えるだろう。

※一部記事内容を追加しました

発表資料
URL:https://mobile.line.me/support/wi-fi/
2018/02/21