首位と1差の好スタートを切った安田祐香(撮影:ALBA)

写真拡大

<アジア・パシフィック女子アマチュア選手権 初日◇21日◇Sentosa Golf Club NEW Tanjong Course>
シンガポールのセントーサGCにて本日より4日間の日程で開幕した「第1回アジア・パシフィック女子アマチュア選手権」初日。全選手がこの日の競技を終え、安田祐香(滝川第二高等学校2年)が6バーディ・1ボギーの“66”で回り、首位と1打差の5アンダー・単独2位発進を決めた。
【関連】現地より生配信!女子アマたちのLIVEフォトギャラリー
日本勢では3アンダー・3位タイの稲見萌寧(日本ウェルネス高等学校3年)、2アンダー・5位タイの西村優菜(大阪商業大学高等学校2年)らも好スタート。先週の米国女子ツアー「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」でローアマを獲得した吉田優利(麗澤高等学校2年)は、1アンダー・13位タイで初日を終えた。
吉田と同じくISPSハンダ-に出場した山口すず夏(共立女子第二高等学校2年)は、4オーバー・44位タイと出遅れ。また、古江彩佳(滝川第二高等学校2年)は2オーバー・29位タイ、佐渡山理莉(沖縄県立名護高等学校2年)は5オーバー・48位タイと厳しいスタートとなった。
昨年9月の欧州ツアー「タイ選手権」をツアー史上最年少記録となる14歳4か月で制したアッタヤ・ティティクル(タイ)が、6アンダー・単独首位に立っている。
【初日の順位】
1位:アッタヤ・ティティクル(-6)
2位:安田祐香(-5)
3位T:稲見萌寧(-3)
3位T:ユ・ヘラン(-3)
5位T:西村優菜(-2)
5位T:ナターシャ・アンドレア・オン(-2)
5位T:ウェンユン・ケー(-2)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連動画】アジア・パシフィック女子アマチュア選手権 出場7名 意気込み
米ツアー初出場・ローアマ獲得の吉田優利、プレースタイルは「ビッグスコアよりも安定派」
“招待選手”山口すず夏、優勝でのメジャー出場権狙う
イ・ボミの最新私服フォトを追加!女子プロ特選写真館
あの女子プロの私服姿が満載!ALBA特選フォトギャラリー