(写真協力=MAXIM KOREA)

写真拡大

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】韓国のトロット(演歌)歌手ソル・ハユンが、韓国の人気男性誌『MAXIM KOREA』3月号の表紙を飾った。

トロット歌手が同誌の表紙モデルを務めたのは今回が初めて。

白いミニワンピースを身にまとって妖艶な雰囲気を醸し出したソル・ハユンは、撮影を担当したフォトグラファーに「いろんな表情と雰囲気、ポーズ全てが上手い」と絶賛されたという。

ソル・ハユン本人も、「仲のいいRUIちゃんが(昨年9月号の)表紙を飾ったことを羨ましく思っていましたが、私にもこんなチャンスが訪れて嬉しいです」との感想を残した。

【画像&動画】男性誌『MAXIM KOREA』9月の表紙を飾った日本人K-POPアイドル、RUIとは?

彼女は12年間のアイドル練習生時代を経験し、昨年放送されたテレビ番組『アイドル・リブーティング・プロジェクト The Unit』に出演した際に”不滅の練習生”として名前を知られた。

そして2016年にトロット歌手としてデビューを果たし、活動を展開している。

「アイドル練習生期間が長かったにも関わらず、トロット歌手になったことを後悔はしないか」という同誌とのインタビューで、「トロットは老若男女が楽しめるジャンル。長く歌えるトロット歌手としてデビューしたことに後悔はありません。トロットで、みんなの疲れた心を癒したい」と答え、”次世代トロット女神”としての抱負を語った。

軍隊の慰問公演ではガールズグループに劣らない人気を博し、「軍統領(軍隊+大統領)」ともいわれている。

3月には新曲を発表する予定。チャン・ユンジョンを継ぐ新たな”トロット界の女神”の活躍をぜひ期待したい。

(構成=S-KOREA編集部)