Appleは21日未明、開発者向けにiOS11.3 ベータ3を公開しました。このベータ3ではこれまでのiOS11.3(tvOS11.3)のベータ版に含まれていたAirPlay2の機能が削除されていることが判明しています。

マルチルーム機能の提供は先送り

HomePodの予約開始時、AppleはHomePodを2台以上使用したステレオ機能マルチルーム機能の実装を2018年後半のソフトウェアアップデートによって提供すると発表しました。ただ開発者などに公開されていたこれまでのiOS11.3のベータ版には、AirPlay2のマルチルーム機能が発見されていただけに、早期の実装が期待されていました。

 

 

AirPlay2は2017年のWWDCで発表された機能ですが、まだ実用化には至っていません。今回AirPlay2がiOS11.3のベータ3から削除されただけでなく、HomePodへのマルチルーム機能実装も今年後半と案内されている通り、一連の技術に何らかの問題があるのかもしれません。

AirPlay2とは?

Appleは7年前から対応スピーカーやApple TVに音楽や動画コンテンツを転送するAirPlay機能を提供しており、その機能・性能を大幅に向上させたものがAirPlay2となります。AirPlay2では各部屋にある対応のスピーカーを一つのiOSデバイスでコントロールでき、また複数の部屋で同時に同じ曲をかけることも可能になります。

 

さらに従来のAirPlayでは再生開始までの時間が少し長かったのですが、これを大幅に短縮するなど、AirPlay2では使い勝手も向上するとしています。

 

AirPlay2では「AirPlay」が一気に進化するだけに期待は大きいものの、今回のベータ版からAirPlay2が削除されたことで実際に使えるようになるのはさらに遅れると考えていいでしょう。AirPlay2が使えるようになるにはiOS12の登場を待つ必要があるかもしれません。
 
 
Source:9to5Mac
(KAZ)