エアコンをつけっぱなしにするのと、こまめにオンオフした場合、どちらがお得なのか…。これまで、ネットでは様々な検証が行われてきたが、ついに空調事業で世界トップのダイキン工業が、検証に乗り出した。

2016年夏には、エアコンの冷房を「つけっぱなし」にした場合と「こまめにオンオフ」した場合、どちらがお得かを検証していたダイキン。今回の検証も、その時とほぼ同じ条件のマンション2部屋を使って、一方はエアコンの暖房を「つけっぱなし」、もう一方は「こまめにオンオフ」して、下記2つの実験を行い、消費電力量を比較した。

1:24時間「つけっぱなし」にした場合と、30分間隔でスイッチのオンオフを繰り返した場合
2:一日中ずっと「つけっぱなし」にした場合と、1日の生活を想定したスケジュールに合わせて「こまめにオンオフ」した場合

1の実験ではつけっぱなしが安く、2の実験ではこまめにオンオフした場合のほうが若干安いものの、その差はわずか30円という結果になった。

ダイキンは、エアコンを24時間連続運転した場合、室温にほとんど変化がなく、また部屋の天井や床、壁に熱が蓄積され、少ない電力でエアコンを運転できるため、電気代もそこまでかからないと分析。一方、睡眠や外出時に運転を停止させると、そのたびに室温が低下。何度も冷え切った状態から設定温度まで上げる必要があり、多くの電力を消費しているのだという。さらに、「『こまめに入り切り』する場合と大きく変わらない電気代で、『つけっぱなし』にして室内の温かさを維持しながら快適に過ごす方法もありそうです」との見解も示している。

ダイキンが行った検証とその結果に、Twitterでは、

“割と前から夏冬問わず付けっ放しの方がお得という話は散見されていたがダイキンの(条件付きで)お墨付き出たのか”
“やはりほとんど変わらず…むしろ安い。。”
“まーたエアコン付けっ放し民が勝ってしまったかw
基本、夏場も冬場もエアコンは付けっ放しだわ”

と結果は予見していたものの、トップメーカーのお墨付きが出たことで、改めて「つけっぱなし」のメリットに注目するユーザーは多い。しかしその一方で、

“これで皆が付けっ放しにして、電力量が上がる。。
なんてことにならないといいのですが、、“

と日本全体の電力消費量を心配する声も。エアコンを「つけっぱなし」にしていても、そうでない場合と変わらないとはいうものの、今回の検証はあくまでも条件付き。自身のライフスタイルなどを鑑みてオン・オフを上手に使い分けよう。
(飛鳥 進)

■関連リンク
30分の外出ならエアコン暖房は「つけっぱなし」がお得!-ダイキン工業株式会社
http://www.daikin.co.jp/press/2018/180216/index.html