広瀬すず

写真拡大

女優の広瀬すずが2月20日にTOKYO DOME CITY HALLで行われた映画『ちはやふる -結び-』完成披露舞台挨拶に、野村周平、新田真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、優希美青、佐野勇斗、清原果耶、松岡茉優、賀来賢人、小泉徳宏監督とともに出席。イベント中、映画での微妙な三角関係を思わせる新田と野村のやり取りに客席は大いに盛り上がった。

『ちはやふる -結び-』完成披露舞台挨拶、その他の写真

本作は、競技かるたに情熱を注ぐ高校生たちの青春を描いた末次由紀の人気コミックを、『タイヨウのうた』や『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の小泉徳宏監督が実写映画化した『ちはやふる』シリーズ完結編。高校生活最後の夏、全国大会を目指す瑞沢高校かるた部員たちの熱い思いを描く。

劇中同様、和装姿で登場したチーム『ちはやふる』。前作からのレギュラーメンバー、本作からの新メンバーともに息のあったトークを繰り広げる中、司会者から「(広瀬演じる)千早のように何かに夢中になっている女の子を振り向かせるためにはどうする?」と質問された野村と新田。

互いに困ったような表情で答えを譲り合っていたが、新田が「何かに向かって頑張っているなら、達成するまで応援したい。熱中していることが終わるまで……待つよ」と広瀬に熱い視線を送ると、会場からは大きな歓声が上がる。そんな新田の発言に野村は「俺はやっぱり振り向いてもらいたいから、一緒に頑張って同意を求めます」と攻めの姿勢を見せる。

まったく正反対のアプローチだったが、広瀬は間髪を入れず「待ってほしい」と回答。新田は「待ちます」と爽やかに答えると、野村は「なんだよ、結局はイケメン好きかよ」とぼやき節で会場を笑いに包んでいた。

広瀬は「続編の発表があってから、完成披露の日を迎えられることがなかなか想像できなかった。こうしてみなさんにお会いできて幸せに思います」と感無量な表情を浮かべると「私たちにしか生まれなかったものが、この作品には絶対あると思っています。登場人物の思いを受け取っていただけたらうれしいです」と作品に込めた思いを熱く語っていた。

『ちはやふる -結び-』は3月17日より全国公開となる。