「MB13BCM8S2WL」イメージ

株式会社マウスコンピューターは、13.3型モバイルノートPC「MB13BCM8S2WL」の販売を、2018年2月21日(水)から順次開始する。全国のマウスコンピューター製品取り扱い家電量販店での購入が可能。LTEモジュールを搭載しており、本体左側面のmicroSIMカードスロットにSIMカードをセットすることで、外出先でも手軽にインターネット接続を実現できる。

本製品は、ノングレアタイプのフルHD液晶を実装したモデル。CPUはCeleron 3865U、グラフィックスはインテルHDグラフィックス610、メモリは8GB / 最大32GB、内蔵ストレージは240GBのSSDで、100万画素のWebカメラやマルチカードリーダーなどを備えている。4K外部映像出力に対応するHDMIポートをはじめ、MiniDisplayポート、USB 3.0ポート×3、有線LANポート(10 / 100 / 1000BASE-T)など、インターフェイスも充実。製品ラインナップには、スタンダードな「MB13BCM8S2WL」のほか、Microsoft Officeを搭載した「MB13BCM8S2WL-A」も用意された。

LTE通信の対応バンドは、NTTドコモ網の3G(1 / 19)、LTE(1 / 3 / 19 / 21)で、日本国内用のSIMロックフリーに対応。製品にSIMカードは同梱されず、内部のワイヤレスWAN機能を使うためには通信業者との契約が必要とされる。通信速度は受信時最大150Mbpsで、送信時最大50Mbps。無線LANはIEEE 802.11 ac / a / b / g / n準拠で、Bluetooth 4.2にも対応している。折りたたみ時の本体サイズは329.8(幅)×17.6〜20.3(高さ)×225(奥行)mm、重量は約1.5kgで、バッテリー駆動時間は約8.6時間(JEITA2.0)。

株式会社マウスコンピューター
価格:オープン
URL:http://www.mouse-jp.co.jp/
2018/02/21