文大統領(右)と握手を交わすパホル氏=20日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】平昌冬季五輪に合わせて韓国を訪問したスロベニアのパホル大統領は21日までに、ソウル市内のホテルで聯合ニュースのインタビューに応じ、北朝鮮核問題について、「韓国大統領の平和的な解決策の追求や(南北)統一に向けた和解政策を支持する」と述べた。

 パホル氏は20日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と首脳会談を行った。

 パホル氏は「(韓国大統領の)決定に批判と懐疑的な声があることを承知しているが、それが正しいと思う。彼(韓国大統領)の政策を強く支持する」と強調。「深い対立よりは危険を冒してでも対話を始めることが一層価値があるという側面から、文大統領の政策が国際社会を鼓舞することを望む」と述べた。

 また、「対話を支持するが、同時に制裁も支持する」として、国際社会が連携し、北朝鮮に圧力をかけることも重要との認識を明らかにした。

 膠着(こうちゃく)状態に陥っている北朝鮮の核問題に突破口を見いだすため、米朝対話の重要性を強調したが、「遠い道になると思う」との見通しを示した。