【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子とLG電子がインドで最も信頼されるITブランドに選ばれた。

 インド経済紙最大手エコノミック・タイムズと市場調査会社のニールセンは先ごろ「2017年最も信頼されたブランド」のリストを発表。サムスン電子がトップを占め、LG電子が2位となった。

 リストは、製品販売量やメディアへの露出などのデータ分析を通じ選定した342ブランドについてインドの消費者6059人を対象にアンケートを実施し、その結果に基づいて作成された。

 携帯電話・タブレット端末部門でもサムスン電子とLG電子が1、2位を占めた。自動車部門では韓国の現代自動車が2位に入った。

 業界関係者は「インドのIT市場は中国に次いで急成長を遂げており、最近は中国企業が立地を強化し韓国企業を脅かしている。韓国企業は多様な革新の努力や社会奉仕活動などを通じ現地の消費者からの信頼を維持している」と述べた。