【卵は先まぜ? 後まぜ?】パラパラなのにモチモチになる"大正解"はこちらです!

写真拡大 (全6枚)

自宅で作るといつもべちゃっとしたチャーハンになってしまうという方に、パラパラチャーハンの作り方をご紹介します。パラパラに仕上げるコツや、たまごを先に混ぜるべきか、後に混ぜるべきかを検証してみました。


コンロから離さずよく振ることが
パラパラへの近道です!


憧れのパラパラチャーハンを作るためには、コンロからフライパンを離さずに、ヘラを使ってよくかき混ぜることが重要です。お米の一粒一粒にたまごがコーティングされるように、手早く混ぜましょう。



舌触りはパラパラ。噛めばモチモチのチャーハンが完成します!


圧倒的においしいのは
たまごを後まぜするのが正解です


チャーハン作りで重要なポイントとなるのが、たまごを入れるタイミング。今回はたまごを先に入れた時と後に入れた時のパラパラ感を検証しました。感動さえ覚えるおいしさに仕上がったのは、後まぜの方でした!



【後まぜ】


具材を炒めてから、たまご、ご飯の順に炒めるオーソドックスな手法。たまごを入れたあとすぐにご飯を入れることで、たまごがご飯にまとわりついておいしさがアップします。

評価:◎



仕上がりがこちらです。具材の香りや味が染みついたご飯は、パラパラなのに噛みしめるとモチモチの食感! そのギャップに思わず感動します。



【先まぜ】


一時期ネットで話題になったパラパラチャーハンの作り方は、先に白身とご飯をメレンゲ状態になるまで混ぜて、さらに卵黄を加えてたまごかけご飯にしてから、炒めるという手法です。

評価:△



仕上がりがこちら。確かに食感はパラパラになりましたが、たまごがご飯の旨みまでコーティングしたのか不思議な味わいになってしまいました。

結果は、パラパラチャーハンは後まぜが正解でした。たまごを入れるタイミングも大切ですが、コンロからフライパンを離さないように、手早くかき混ぜるとパラパラに仕上がるので、ぜひ挑戦してみてください。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。