順調にいろいろなことをうまく進めていたはずなのに、一つうまくいかなくなると全部に影響を及ぼしてしまうことってありますよね。そういうときには、今後自分自身が一体どうなるのか、不安になることがあります。今回もに引き続き、人生に行き詰ったときにあなた自身に問いかけて欲しい質問をまとめてみました。

あなた自身に問いかけて欲しい質問4つ

マネしたいキャリア、プライベートライフ、人間関係を築いている人は?

有名人でもいいですし、あなたの友人や家族でもいいです。あなた自身が「こんなふうになりたいな」という人をイメージしてみましょう。一人だけではなく、キャリア、プライベートライフ、ルックスなど、それぞれの憧れるジャンル別で選んでみてください。アドバイスを直接もらえるならば、話を聞きに行ってみましょう。直接会えない相手でも、あなたはやっていないけれど彼らがやっていることを観察して、マネをしてみることから始めてみてください。

本当に楽しいと思うことにどれほどの時間を費やしている?

毎日同じことの繰り返しでなんの刺激もない毎日を送っていると、目標や生きがいも失ってしまいます。そしてふと、将来の不安がよぎるのです。ドラマや映画のように、何気ない日常の中にいきなりサプライズが起きるということは少ないもの。ワクワクするようなことが起きて欲しいのならば、あなた自身がそれが起きるような行動をしなければなりません。やってみたかったことにチャレンジしてみる、友達の輪を広げるために同じ趣味をやっている人たちの集まりに参加してみるなど、あなた自身が本当に楽しいと思うことに時間をもっと費やすようにしましょう。

有言実行できていないことは?

誰しも「やってみたいことリスト」をもっているもの。あなた自身も、行ってみたい国やチャレンジしてみたい習い事など、友達や家族、恋人に対して語ったことがありますよね。でもそれらのうち、有言実行できていないものはなんでしょうか? やってみたいことリストを今一度紙に書き出してみて、実際に一つ一つ実行していく計画を立てましょう。そうすることで、あなたの好奇心が再び熱くなり楽しい気持ちになれるはずです。

自分自身に丁寧に接している?

友達があなたに相談を持ちかけてきた時、あなたはできる限り親身になってネガティブな意見よりもポジティブな意見を言うよう努力しますよね。それと同じく、あなた自身が悩みを抱えた時に、あなたは自分自身に対して丁寧に接していますか? 最悪のシナリオばかりを考えて、自分自身を苦しめてはいませんか? 自分に優しくすることは自分に甘くなるわけではありません。人生に行き詰まりを感じた時、「もし親友だったらどういうアドバイスをするかな?」と考えてみるようにしましょう。