旅行客で混雑する仁川国際空港=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】昨年の韓国の観光収支が過去最大の赤字になったことが21日、韓国観光公社の調べで分かった。

 観光収支は旅行収支から留学と研修関係分を除いたもの。昨年の観光収入は前年比22.5%減の133億2370万ドル(約1兆4262億円)、観光支出は同14.3%増の270億7290万ドルで、差し引きした観光収支は137億4920万ドルの赤字だった。

 観光収支の赤字は2001年以降、17年連続。赤字額は前年より111.9%増加し、過去最大となった。

 観光収支が悪化したのは、訪韓外国人客が減少した一方、韓国人出国者数が増えたため。昨年の訪韓外国人観光客数は1333万5758人で前年比22.7%減少した。昨年の韓国人出国者数は同18.4%増の2649万6447人だった。 

 訪韓外国人の減少は中国人観光客が大幅に減少したことが影響したとみられる。昨年訪韓した中国人観光客は416万9353人で前年比48.3%減少した。 

 米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備に反発した中国が自国の旅行会社に韓国団体旅行の取り扱いを中止させた昨年3月から、中国人観光客は減少している。