ダイソーの積み重ねボックスシリーズでメイク道具をスッキリ収納

写真拡大 (全12枚)

この記事を試すのにかかる金額

約700円

形も大きさも様々なメイク道具

こちらは、筆者所有のメイク道具です。
メイク道具の量は職業やライフスタイルによって大きく異なるかと思います。
もしかしてこれは少ない方なのかもしれませんね。
でも、これより量が多くても大丈夫!

カスタマイズ可能なダイソー「積み重ねボックス」シリーズ

今回収納に使用したものは、全てダイソー商品です。
・自由自在 積み重ねボックス 大・深型 ×1
・自由自在 積み重ねボックス 大・浅型 ×1
・自由自在 積み重ねぺんスタンド ×5

ペンスタンド1個分=ケース入りの綿棒1個分

実は大きいサイズの積み重ねボックスに、ペンスタンド6つがぴったり収まるようになっているのです。

ですが、今回使うペンスタンドは5個。
代わりに入れるのは、こちらの綿棒です。

ドラッグストアや100均などで売っているごく普通の綿棒、ケースそのままを

ぴったりと収めることができます。
私はよくマスカラやアイラインを失敗してしまうので、直す時に必須なアイテムなんです。

そして、冒頭の写真でお見せした筆者所有のメイク道具を

このようにすべて、すっきりと収めることができました。
ミラーも追加で収納できました。
もちろん、これは積み重ねができるので、持っているアイテムの量や大きさに合わせて、どんどん積み重ねてカスタマイズし、収納することができますよ。

スキンケアアイテムの収納にも

スキンケア用のアイテムも、こんな風に

すっきり収納できました。
収納に困りがちな試供品なども、ペンスタンドに入れてすっきりと。

重ねて並べると

すっきり収納できると気持ちが良いですね。

丸洗いできて清潔

そして、積み重ねボックスのもう一つの利点は、プラスチックなので「丸洗い」できるという点です。
メイク道具の収納にありがちな布製のボックスは、汚れやすかったり洗うのに手間がかかるということがありますが、プラスチック製のこれならさっと拭いたり、丸洗いも簡単です。

収納場所

メイク道具の収納場所は、洗面所やリビングなどご家庭によって様々かと思いますが、筆者はリビングに収納し、どこでも好きな場所でメイクできるようにしています。

こちらはリビングに置いてある棚です。

毎日使うものなので、一番手が届きやすい上段に置いています。こちらはDIYで作った棚なのですが、実は奥行きと高さで考えると、一般的に売っている「カラーボックス」にもぴったりと収まります。

このように、メイク道具の収納には、ダイソーの「積み重ねボックス」シリーズをカスタマイズして使うのがおすすめです。
メイク道具収納にお悩みの方、ぜひやってみてくださいね。


【あなたにおすすめの記事】
■メイクグッズの収納の味方!無印良品ナイロンメイクボックス
■簡単&使いやすい!無印良品アイテムのコスメ収納
■100均グッズでつくる【子どもが片づけやすい収納アイデア】
■skin care お風呂上がりのスキンケアで潤い肌を!
■乾燥肌・敏感肌の人にオススメ!保水バリアクリーム