米アップルと言えば、時価総額世界トップの企業。主力製品である「iPhone」は、その利益率が高く、利益シェアは業界断トツであることは、知られている。

 そうした中、アップルの強みを示す新たなデータが、米国の市場調査会社ストラテジー・アナリティクスによって明らかになった。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

販売台数は減少も売上高は増大

 それによると、昨年(2017年)10〜12月期における、iPhoneの売上高シェアは、業界全体の51%を占め、1年前の48.5%から拡大した。

 この四半期のiPhoneの販売台数は、1年前から1.2%減少している。10〜12月期の販売台数が前年実績を下回ったのは、これが初めてのことだ。

(参考・関連記事)「アップル、10〜12月期のスマホ出荷台数で首位に」

 しかし、価格が999ドルからと、高額になった「iPhone X」によって、シリーズ全体の平均販売価格が引き上げられた。その金額は796ドルと、1年前の695ドルから15%上昇し、過去最高になった(独スタティスタのインフォグラフィックス)。

 このことが、売上高の増加と、シェアの拡大につながったと、ストラテジー・アナリティクスは指摘している。

サムスンの3倍、ファーウェイの7倍

 ストラテジー・アナリティクスの推計によると、昨年10〜12月期におけるiPhoneの売上高(卸売価格ベース、以下同じ)は、614億ドル(約6兆5618億円)。一方、スマートフォン業界全体の売上高は1202億ドル(約12兆8457億円)だった。

 つまり、iPhoneの売上高は、業界全体の51%を占め、韓国サムスン電子や中国ファーウェイ(華為技術)をはじめとする大手スマートフォンメーカーを含む、世界に無数にあるメーカーの合計を上回った。

 ここで、他社のデータを見ると、例えば、サムスンの10〜12月期におけるスマートフォン売上高は、189億ドル(約2兆198億円)。ファーウェイは84億ドル(8977億円)だった。iPhoneは、この期間、サムスンの3倍以上、ファーウェイの7倍以上の金額を稼いだというわけだ。

平均販売価格でも他社を大きく上回る

 もう1つの興味深いデータは平均販売価格だ。前述したとおり、iPhoneシリーズの10〜12月期における平均販売価格は、796ドル。

 これに対し、サムスンは254ドル。ファーウェイは205ドル。スタティスタによると、これら以外のメーカーの平均販売価格は、さらに低い152ドルになる。

 販売価格が、大きく上昇したにもかかわらず、iPhoneは10〜12月期に、世界市場で7731万6000台を売り上げた。

 一方で、この期間における出荷台数ベースのiPhoneのシェアは2割弱。これが金額ベースになると、いきなり5割を超えてしまう点が、アップルの強みと言ってよいだろう。「iPhoneは、信じられないほどの金を生み出す機械だ」と、ストラテジー・アナリティクスはこのレポートで結論付けている。

(参考・関連記事)「『iPhoneは今後もモンスター級の利益を生み出せる』」

筆者:小久保 重信