イノベーションの担い手になるような起業家人材は教育によって育てられる――。前回の記事でこう述べ、実際の起業事例をいくつか紹介した。今回は、どのような教育が人材育成に役立つのか、意欲の醸成や手法の体得など多面的な観点から体系立てた教育プログラム「WASEDA-EDGE人材育成プログラム」の内容をみていく。

(バックナンバー)
価値創出のカギを握る「起業家人材」を育てるには――イノベーションの担い手育成の勘所(1)

 WASEDA-EDGE人材育成プログラムでは、全学の学部生、院生が履修可能な科目群であるビジネス・クリエーションコースをグローバルエデュケーションセンターに設けている。これは大きく3つのステージで構成する。

 Stage1は、「意識醸成」。ビジネスや研究成果の事業化への関心が低く、視野にも入れていなかった学生や若手研究者が、起業や事業化への意欲を掻き立てられるよう、文字通り起業家精神を育む。

 Stage2は、「アイデア創造」である。ビジネス設計のフレームワークや制約を学び、単なる思いつきを超えた“実践的なアイデアを創出する方法”について学ぶ。

 そしてStage3が、「ビジネスモデル仮説検証」だ。『ビジネスモデルキャンバス』と『リーンスタートアップ』という新規事業の立ち上げの新定番理論を実践的に学ぶとともに、単にビジネスプランを作成するだけにとどまらず、いかにしてプランを実現していくのかを、演習を通して学ぶ。そうすることで、起業のための手法を現実に使える“武器”として、一人ひとりのモノにする。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

モチベーションだけでなく対話力や交渉力も高める

 それぞれのステージのカリキュラムをみていこう。

 Stage1は、起業家マインドの醸成ステージと位置付け、「起業特論」や「グローバルコミュニケーション」といった基礎的な講座を設定した。例えば起業特論では、起業経験者らをゲスト講師に招き、起業から事業を軌道に乗せるまでの道のりなどを講義する。ハイテクベンチャーの事例を研究し、最先端の研究成果やユニークな技術を生かした事業に不可欠な知財戦略も学習する。

 業界で注目されている起業家と対面でインタラクティブなやり取りをする中で、何より起業へのモチベーションを高めると同時に、起業や新規事業を具現化することで実現可能な未来の社会を描く能力を養うのが狙いだ。これまでに、空きスペースの貸借をインターネットで仲介するシェアリングエコノミー事業を手掛けるスペースマーケットなど様々な分野で活躍する起業家を招いている。

 グローバルコミュニケーションでは、米シリコンバレーのベンチャーや米スタンフォード大学など海外から講師を招聘。英語による少人数のグループワークを通じて、人を惹きつける対話や丁々発止の議論など、論理的なプレゼンテーションやディスカッション、ネゴシエーションの力をつける。ゼロからビジネスを立ち上げるうえで、理解者や協力者を増やすコミュニケーションのスキルが大切なことは想像に難くないだろう。

アイデアをビジネスの“種”にまで昇華させる

 Stage2の「アイデア創造」にはデザイン思考とゲーミフィケーションを組み合わせた授業もある。

「ビジネスアイデアデザイン(BID)」では、学生チームは毎週アイデアの発想法を学び、毎週ピッチを行うことになっている。毎週のピッチで出されたアイデアは、他チームによって値付け(入札)が行われる。各チームには一定のバーチャルな所持金が配分されているので、入札を繰り返す中で、発想力のあるチームの所持金額が増えていくという仕組みである。

 ユニークなのは、バーチャルな環境に閉じない点である。8週の授業のうち、7週目まではバーチャルな所持金による入札という模擬だが、最終週の授業後では、上位チームにリアルBIDというコンペティションに参加する権利が与えられる。そこには第一線で活躍中の起業家やベンチャー投資家がゲスト参加し、見込みのあるアイデアがあれば、現実に入札してもらう。こうした実践形式の講義によって、アイデアを単なる思いつきに終わらせず、事業化が見通せるビジネスの“種”にまで昇華させる経験を積むことができる。

顧客の生の声を聞き、ビジネスモデルの事業化可能性を高める

 Stage3の「ビジネスモデル仮説検証」は、起業家人材を養成するWASEDA-EDGEの中核的な科目だ。ビジネスプランを作ることで終わらせず、顧客インタビューを実施。顧客の生の声に基づいてビジネスモデルの仮説検証を繰り返し、どのようにしてプランをブラッシュアップしていくのかを体験する。

図 ビジネスモデル仮説検証プログラム(顧客開発プロセス)


 具体的には、まず「ビジネスモデルキャンバス」と呼ぶビジネスモデルを記述するためのフレームワークを用い、提供する価値、顧客セグメント、コスト構造、収益の流れ、キーとなるパートナーなどを可視化する(1)。そのうえで顧客を訪問して想定した顧客課題の有無や重要度、解決の切実さを聞き、ビジネスモデルキャンバスで設定した仮説の妥当性を検証する(2)。その結果、必要に応じてビジネスモデルを見直す(3)。そしてそれを授業で発表し、ディスカッションする(4)。こうした仮説検証を重ねて、ビジネスモデルの事業化可能性を高めていく。

 起業家人材を育成する最初の大きな一歩は、起業意欲を高め、コミュニケーションやアイデア創出、ビジネスモデル構築のスキルを教育によって高めること。次なるステップは、それらのスキルを使って、実際に事業を起こしてみることだ。WASEDA EDGEに引き続き2017年からスタートした「WASEDA EDGE-NEXT」では、上記のカリキュラムに加えて、さらに実践的なカリキュラムを開発中だ。その内容を次回紹介する。

筆者:郄田 祥三