悟東あすか(ごとう あすか)  高野山真言宗尼僧であり、漫画家。幼い頃から「見えないもの」の存在を感じ、それに悩まされることもあったが、得度した時にお大師さまに願うことで、以後は祈る時にだけ感じられるようになり、現在に至る。尼僧としては、1984年、高野山別格本山西禅院徒弟として得度。受明灌頂授了。2006年、高野山大学加行道場大菩提院にて加行成満。同年伝法灌頂授了。2007〜2009年、高野山大学にて中院流一流伝授授了。漫画家としては、1989年に集英社少年ジャンプ第30回赤塚賞準入選。同年週刊少年ジャンプ夏期増刊号にてデビュー。<撮影:松島和彦>

写真拡大

真言宗の尼僧である悟東あすか氏は、幼い頃から「見えない存在」を感じ取っていたが、そのことで生き辛さを感じ、得度した際にお大師さまに祈って以来は霊感的に何かを見ることはなくなり、そして徐々に祈る時にご神仏からのメッセージを受け取れるようになったという。

そうして受け取ってきた様々なメッセージからわかった、ご神仏の力を借りて幸運に生きる方法を紹介した『神さま仏さまがこっそり教えてくれたこと』から一部を抜粋し、再構成してご紹介する。

この本で紹介されている悟東氏の周囲で起こった実際のエピソードには信じがたいものも多く、「神さま仏さまなんて、いるわけない!」と思い込んでいる人でもいつしか、「神さま、仏さまに祈ってみよう!」という気にさせてしまうはず!

ご神仏とのおつきあいで一番大切なこととは?

 ご神仏に祈ると、あなたを守り導くための出来事が起こり始めます。
 でも、私たちが願ったことをご神仏がそのままかなえてくれるかというと、実はそうではありません。
 ご神仏の力によって、今の私たちが人間の狭い視野で思い描いてお願いするレベルでは考えられないような予想外の展開になることもあるのです。
 ご神仏に願いをかなえてもらうプロセスで大切なのは、「起きた出来事をどのように受け取るか」です。
 ここで、ご神仏が私たちを導く際のパターンとその受け取り方の一例をお話ししましょう。

「よくないこと」にはメッセージがある

 神さま仏さまにお願いしたにもかかわらず、その後、一見ネガティブに思えることが起きるケースがあります
 たとえば、欲しいと思っていた地位や立場が人のものになったり、行こうとしていたイベントに参加できなかったり、あるいは職場で理不尽な出来事が起きたり、人から嫌な言葉を言われたり……。
 そんな時は、「せっかくお参りしたのになぜ?」「仏さまにお願いしたのに、何がいけなかったの?」と不安になったり、いらだったりしてしまうかもしれません。
 また、他人のせい、世間のせい、環境のせいにしてしまいたくなる場合もあるでしょう。逆に、必要以上に自分を責め、自己否定や自己卑下に陥るケースもあります。
 でも、それはご神仏からの大切なメッセージです。
 そして、「ご神仏のはからい」です。
 その出来事を通して、

「もう変化を選ぶ時ですよ」
「あなた自身のここを変えたら、願いがかないますよ」
「そろそろ、これをやったらどうですか?」

 というメッセージが送られてきているのです。
 時にはそれが、病気やケガ、仕事や人間関係のトラブルといった痛烈なストレートパンチになる場合もあります。
 そういう時は、
『ほら、早くやりなさい!』
『まだ気づかないの?』
 と言われていると思って、自分自身を振り返ってみましょう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)