1月21日、プレーオフの決勝でペスカドーラ町田を下し、2年ぶり10度目のリーグ王者に輝いた名古屋オーシャンズ。トロフィーを手渡すFリーグCOOの小倉純二会長(中央右)(筆者撮影)

「Fリーグで名古屋オーシャンズが優勝したことを、私は高く評価しています。過去にアジアの頂点に立ったことのある名古屋には、もう一度アジアのトップを奪い返しにいってほしい。

フットサル日本代表には、何としても、いま戦っているAFC(アジアサッカー連盟)フットサル選手権2018で優勝してもらいたい。クラブも強い、そして代表チームも強い、というのが日本フットサル界の理想だと思っています」

こう語ったのは、日本フットサル連盟会長であり、フットサルリーグ・FリーグCOO(最高執行責任者)の小倉純二氏だ。


小倉 純二(おぐら じゅんじ)/日本フットサル連盟会長。日本サッカー協会第12代会長も務め、2002年から2011年まで国際サッカー連盟(FIFA)理事、アジアサッカー連盟(AFC)理事を務めた。2012年6月より現職(撮影:今井康一)

2016年2月、ウズベキスタンのタシュケントで開催された「AFCフットサル選手権2016」。この大会で、フットサル日本代表は、14大会目にして初めてベスト4入りを逃した。

それどころか、5位決定プレーオフの初戦でキルギスに敗れ、ワールドカップの連続出場も「3」でストップしてしまった。さらにその年のFリーグでは、それまで過去9年間、名古屋が君臨し続けてきた国内最強の座は、はじめて他のクラブに渡った。

日本のフットサル界が大きく揺らいでいる……。そのように感じた関係者も多かったかもしれない。だが、そんな不安を吹き飛ばすかのように、2017/2018シーズンの名古屋は開幕直後から快進撃を続けた。

終わってみれば、ぶっちぎりの強さを見せつけて、わずか1年で再びFリーグ王座に返り咲いた。また、フットサル日本代表は2月11日、「AFCフットサル選手権2018」の決勝でアジア最強と目されるイランに0-4で敗れはしたものの、「イランに次ぐアジアの強豪」という“定位置”を取り戻すことには成功した。

強さを求めるだけでいいのか?

冒頭のコメントからもわかるように、小倉氏には、強い日本を取り戻すことが日本フットサル界の隆盛につながるという信念がある。フットサル日本代表がアジアのトップに返り咲くこと。


1月25日に行われたフットサル日本代表の国際親善試合アルゼンチン代表戦(筆者撮影)

そして国内唯一の完全プロクラブである名古屋が、AFCフットサルクラブ選手権に出場し、再びアジア最強クラブの座を日本に持ち帰ること。この2つにより、日本フットサル界の復権を世界に大きくアピールすることができるということなのだろう。

はたして、強くなるだけで、日本のフットサル界は盛り上がるのだろうか?

日本フットサル界の屋台骨を支えるFリーグの年間観客動員数は、下降の一途をたどり、ついに昨シーズンは19万7827人と、現在の12クラブ体制での運営に移行後、初めて20万人を下回ってしまった。一方、Fリーグが創設されてからの過去11年間の中で、フットサル日本代表はAFCフットサル選手権を2度、名古屋オーシャンズはAFCフットサルクラブ選手権を3度制している。つまり、日本のフットサルが強いことと、Fリーグの観客動員数に相関関係があることは、いまのところ証明されていないのだ。


いかに会場に来てもらうか

この点について、元フットサル日本代表キャプテンで、現在はインターネットテレビのAbemaTVでFリーグの試合解説を務める北原亘氏はこう語る。

「非常に難しい問題ですが、協会が行う強化とは別軸で、リーグやチームが取り組むべき課題があると思います。昨シーズンのFリーグはAbemaTVを通じて、フットサルの魅力に触れる機会を増やしました。その一方で、観客動員数の面で下降線をたどったのは事実です。


北原 亘(きたはら わたる)/東京都出身の元フットサル選手。現役時代は名古屋オーシャンズで活躍。元フットサル日本代表キャプテン。2016年現役を引退、現在は解説者を務めている(筆者撮影)

この取り組みは良くないという話をする関係者もいるようですが、僕は、それはナンセンスだと思います。

アリーナへの導線設計はできていても、それを集客に結びつけられていないのは、Fリーグを運営するリーグやチーム側の課題だと思っています。今後は、会場に足を運んでもらうための仕掛けを作る段階にきていると思います」

2017/2018シーズンからスタートしたAbemaTVでのFリーグ配信は、「見る」スポーツとしてのフットサルを、主に若者に認知させる役割を担った。AbemaTVの視聴者数は1試合平均8万人を超えており、スマートフォン越しにフットサルを観戦する人は、たしかに増えたのだ。では、この状況を集客に活かしていくために、リーグやチームはどんな取り組みを行っていくべきなのだろうか。

実は、Fリーグに所属するクラブが行う施策の中で、集客面で変化をもたらした事例がいくつかある。その成功例を2つほど紹介する。

1つ目は、湘南ベルマーレやデウソン神戸が2017/2018シーズンに行った「はしご観戦」の試みだ。Jリーグの試合を観戦した地元のサポーターに、そのままFリーグの試合を観てもらおうとするこの集客施策は、結果的に大きな成功を収めた。中でも、湘南ベルマーレは、J2リーグ第36節の湘南ベルマーレvs水戸ホーリーホックの試合終了後に、同じ敷地内の平塚総合体育館でFリーグ第20節を開催し、結果的に、1674人もの観客を集めることに成功した。

サッカーの観客動員数が6629人だった。そこからサポーターがフットサル観戦を「はしごした」ことで、通常の試合よりも観客動員数を増やすことができたのだ。サッカー観戦とフットサル観戦の親和性の高さが証明された企画だった。さらに、緑色のウェアを身にまとって声援を送った湘南ベルマーレのサポーターは、男子バスケのBリーグのような派手な会場演出が実現できなくても、サポーターの熱によって、体育館を非日常空間に変えられることをも見事に証明してみせた。

サポーターの力が試合に影響

2点のビハインドから追いつき、さらに残り4分で5点を加え、劇的な勝利を掴みとった試合に対して、「点差が開いたのは、ホームの声援に後押しされた湘南の選手たちが奮起したから。こういう雰囲気の試合が増えれば、選手も観客も楽しめるはず」(当時シュライカー大阪監督、現フットサル日本代表コーチの木暮賢一郎氏)


湘南ベルマーレのサポーターで会場はにぎわった(筆者撮影)

「会場を見回したときに、鳥肌が立ちました。あのピッチに立っていられたことは、フットサル選手として本当に幸せなことだと感じます。毎試合あのような雰囲気で試合ができたら、絶対負けないんじゃないかって思うくらいです」(湘南ベルマーレフットサルクラブ刈込真人選手)

と、それぞれ監督や選手の立場から、サポーターの力が試合に大きく影響したことを認める発言をしている。

2つ目は、ここ数年、Fリーグの中でも、最も観客動員数を伸ばしたエスポラーダ北海道の取り組みだ。このクラブは、「道産子の夢をのせて」というスローガンのもと、地元に密着した様々な活動を行っているが、その中でも特徴的なのが、チームの編成方針だ。チームに所属する選手たちは全て北海道民出身者で構成されており、いわば、北海道の中から選抜された道民の代表チームなのだ。

しかも、全員が本業を持ちながらフットサルに取り組んでおり、自らもアマチュア集団であることを公言している。だからこそ、サポーターたちは、彼らを身近に感じ、自分たちと姿を重ねながらアリーナに足を運ぶ。このように、地元民たちに、身近な存在として認められているからこそ、勝敗に影響されない集客が実現できているのだろう。

フットサル文化は日本に根付くか

「スペインやブラジルと違い、日本にはフットサル文化がない」

このように言うフットサル関係者は多い。

確かに、数ある娯楽の中で、週末にフットサルを観戦しにフラッと出かけるような人は、ここ日本では、ごく一部の人間しかいない。だが、一方で、地域に密着し、フットサルを通じた社会貢献活動を行いながら、「フットサルを文化に」という理念を掲げて活動するクラブが少しずつ成果を出し始めていることは興味深い。


フットサルを通じた地域貢献活動の一コマ(写真:フウガドールすみだ提供)

東京都墨田区を拠点に活動するフウガドールすみだは、2011年に墨田区とホームタウン連携協定を締結し、以降、行政や地元企業のサポートを得ながら、クラブの理念である「フットサルを通じて、地域社会を活性化させ、より良い社会づくりに貢献する」活動を行っている。

所属する選手やスタッフは、地元の小学校や保育園を訪問したり、区のイベントに積極的に参加しながら、フットサルを通じた地域貢献に取り組んできた。こうしたクラブの理念や活動に賛同した地元スポンサーの協力のもと、昨年、自らが運営する「すみだフットサルアリーナ」を新設するなど、着実に自らの歩みを進めている。

須賀雄大取締役兼監督は、「一時的な集客は、単なるブームですが、我々はブームではなく、文化を作っていくことを目指しています。正当なことを時間をかけてやっていくことが、フットサルを文化にするための一番の近道ではないかと思います。いま私たちのクラブは、スクール生が約450人、さらに、下部組織にはレディースも含めて150人の選手がいます。


「すみだまつり」に参加したフウガドールすみだの選手たち(写真:フウガドールすみだ提供)

それに加えて、小学校訪問や地元のイベントへの参加などを通じて、フウガドールすみだに関わる人たちが少しずつ増えてきました。

こうして一緒に歩みを進めた子どもたちが、いつか人生を振り返ったときに、フウガドールすみだというクラブが自分の人生の中で重要なウェイトを占めていたんだと感じてもらったり、親御さんやスポンサー企業の方々にも、そのように感じてもらえれば、自然とクラブへの愛情も強まっていくのではないかと思っています」と、時間をかけて地域とともに歩んでいくことの重要性を語った。

Fリーグは、新たな取り組みとして、2018/2019シーズンより、Fリーグを2部制にすると発表した。F1の12クラブに加え、新設するF2に7クラブの加盟が承認された。これによりFリーグに加盟するクラブは全19クラブとなった。同時に、若手選手を中心としたFリーグ選抜が新たに編成されてF1に参戦すること、F1最下位とF2優勝クラブによる入れ替え戦を実施することも決まっている。

この施策についても、北原亘氏は、強化や活性化の面での効果と、集客面での課題の2面性に言及した。

「前回ワールドカップへの出場を逃したフットサル日本代表が、次のワールドカップに出るための強化をするという意味では非常に素晴らしい取り組みだと思います。一方で、Fリーグの集客という面ではどうでしょうか。入場者数が目減りしている中で、さらに入場者数が分散してしまう恐れもあります。加盟する各チームが新たに出てきた課題に対して、仮説を立てて検証するという視野を持ってやっていかないと厳しいのではないかと考えています」

地道な取り組みを全クラブができるか

Fリーグは、まだ11年目を終えたばかりの歴史の浅いリーグだが、いくつかのクラブは、少しずつ地域との関わりを強めながら、身の丈に合った取り組みを行い、自らの環境を整備したり、集客面で成功する事例を生み出し始めている。現時点では、このような地道な取り組みを行うことができるチームとできないチームがあるのは事実だ。


12年目を迎えるFリーグはどのように変わっていくのか(撮影:今井康一)

現在の日本のフットサル界は、チーム間の格差はありつつも、仮説・検証を繰り返しながら、一つずつ成功体験を積み重ねている段階にあると言えるだろう。

いわば、「バラバラ」に歩みを進めている現状に対して、誰がどんな解決策を提示していくのだろうか。

協会・リーグ・チーム、そして地域が一体となって、課題解決に取り組んでいくことができるかどうかが、日本のフットサル界隆盛のカギを握っていると言えそうだ。