数多ある飲食店の中でも、昨年から今年にかけて最も注目を集めたのが、こちらの『ペタンク』だ。

昨年4月のオープン以来、東京中の食い道楽たちが足を運んでいるという。

浅草の、しかも観音裏というエリアでありながら、いちやく超人気店となった、その秘密を知るために速水もこみさんが店に向かった。




気付いたら隣の人と仲良くなっている。この店にはそんな空気がある
『ペタンク』

賑やかな浅草の観光地から離れた浅草寺の裏手側、犂儔士〞と呼ばれるエリアがいまアツい。もとは花街として栄え、そこに集まる芸者に合わせて、玄人好みな店が点在していた。

その流れを受け、近年は若き店主によるお洒落な店が急増。そして、観音裏ブームを爆発させたのがここ『ペタンク』だ。



界隈では珍しく、平日24時まで営業しているのも人気の理由

昨年4月にオープンした店は、たった8席のカウンターのみ。店主の山田氏は、西麻布の『ザ・ジョージアン・クラブ』、在ハンガリー日本大使館の公邸料理人、パリの『ズ・キッチン・ギャラリー』と、ユニークな経歴をもつ料理人。

店を爛泪ぅロビストロ〞と名付け、その心を「一切の堅苦しさを排除して、酒場感覚で気軽にワインと料理を楽しんでほしかった」と話す。



山田氏は音楽からサッカーまで、自然な合いの手を入れる聞き上手。そんな会話を求めて来店する人も多い

『ペタンク』には、そういった想いが詰まっており、大きな窓から店内を覗けば、誰もがフランクに垣根なく食事を楽しんでいる様子が見えてくる。

そんな話題のお店を速水さんはどう思うのだろうか。



ファッション関係者や食のプロも集い、港区や渋谷区から通うお客も多いとか

「ここのカウンターが特徴的ですね。ぎゅっとしているから、ひとりで来ている人も周りと会話が弾みそうです」というのが、『ペタンク』に入った速水さんの第一印象。

“ぎゅっと瓩箸いΔ里賄確で、8席のカウンターが埋まると、そこには妙な一体感が生まれる。

店奥のトイレに立つ際は、「すみませ〜ん」と声をかけなければいけないほど、正直、狭い。

でもそのおかげで、客同士が自然と言葉を交わし始めるとか。不便さを分かち合うことが、逆に楽しくなる店だ。


¥300から楽しめる、『ペタンク』の料理とは?



マスタードとアンチョビが効いた「ウフマヨ」(¥300)をはじめ、『ペタンク』には“ちょっとつまみたい”というワイン好きの欲を満たすメニューが揃う

メニューを見ると、速水さんは「財布に優しすぎますね!」と驚いた。300円のウフマヨに始まり、もち豚のリエットも鶏レバーのムースも500円。メインディッシュも1,500円前後と、巷のビストロよりもよっぽど手ごろなのだ。

「時間がかかる手のこんだ料理でも高くない。フレンチベースだけど親しみやすい料理をカジュアルに味わえるのがいいですね。それでいて、揚げものやパスタもあってガッツリ食べることもできる。メニューも雰囲気も気取ってなくていいですね」



豚の肩肉をフライパンとオーブンでローストし、バーボンでフランベしたジンジャーソースで仕上げた「もち豚ポークジンジャー」(¥1,500)。生姜が香るソースはバーボンによる深みもある下の芋まで異様に旨い

新日本橋にある、にぼしパスタ専門店『シシニボタン』からゆずり受けた「にぼバターパスタ」(¥1,200)。煮干しの旨みと佐賀の海苔の香り、バターのコクとの調和がたまらない!パスタは「浅草開化楼」の生パスタを使用

リピート必須の「チューリップカラアゲ」(¥800)は素朴なしょうゆ味。クリスピーかつジューシーな味わいは、常備されているクラフトビールとも相性抜群だ

そう速水さんが言うとおり、いかにもなビストロメニューではなく、「こういうのが食べたくなるんじゃないかな」という山田氏の想像力が体現されたメニューが並ぶ。

懐かしのチューリップカラアゲもその例で、泡ものを飲んでいれば“カラアゲ瓩諒源が眩しく見えてくる。

そしてメニューと同じく、店主自身にも気取りはゼロなのだ。



オレンジワインを飲む速水さん。ワインはナチュールを揃え、メニューはないためボトルを見せてもらい決めるスタイル

人の少ない時間であればカウンター越しの会話も醍醐味。速水さんはハンガリーとフランスで料理経験のある山田氏の話に興味津々。

「ハンガリーのクルマはスズキの軽が多いんですよ」「パリで食べた一番長いコースは5時間でしたね」なんて話に笑いながらワインを飲む。

「食事はもちろん、どこかで食べたあとに、ワイン一杯だけのために立ち寄りたい。色んなシチュエーションで来てみたいですね。こういうカジュアルな店があると浅草に足を運びやすくなる。洗練されてるのに、空気感は下町なのが落ち着きます」



山田氏の分身である起き上がりこぼしや“ワインはジャケ買い”と書かれたスケッチブック(ワインメニューはない)、吉原の遊女が描かれた手ぬぐいなど面白い小物がワンサカ

お酒も料理もリラックスして食べるのが一番美味しい。噂の店は、そんなことに改めて気づかされる大らかな店だった。


■プロフィール
はやみ・もこみち 1984年生まれ、東京都出身。日本テレビ系『ZIP!』内の“MOCO'S キッチン”に出演中。DVD&テキスト『速水もこみちのクッキングマイスター講座』が「資格のキャリカレ」にて販売

■クレジット
Photos/RYOHEI WATANABE〈model〉, Ryoma Yagi〈food〉, sono@bean〈shop〉, Styling/FUYU, Grooming/Koichi Takahashi@nestation, Text/Tomoko Oishi