JR東日本は、東北・北陸・秋田の各新幹線車内の無料Wi-Fiサービスの開始時期を2018年5月に早めるのに加えて、山形新幹線や中央線特急「スーパーあずさ」でもサービスを提供すると発表しました。

東北・北陸・秋田の各新幹線では今年5月からWi-Fiが利用可能に

JR東日本は2018年夏頃と発表していた東北・北陸・秋田の各新幹線車内での無料Wi-Fiサービスの提供開始を前倒しし、2018年5月から順次利用可能にすることを2月20日に発表しました。
 

5月以降に車両改修を進め、2019年5月までには全編成でサービスが利用可能となります。

山形新幹線、特急「スーパーあずさ」でも利用可能に

2017年11月の発表当初では計画に含まれていなかった、山形新幹線(E3系)と中央線特急「スーパーあずさ」でもサービスを提供することも発表されています。
 

 
山形新幹線は、2018年度から車両改修を行うことで順次サービスを開始し、2019年度中に全編成でサービスが提供されます。
 

 
「スーパーあずさ」は、新型車両E353系の車両改修を2018年12月から行い、順次サービスが開始されます。2019年12月前までに全編成でサービスが利用可能となります。

誰でも無料で利用可能

新幹線などの車内Wi-Fiは、「JR-EAST FREE Wi-Fi」のステッカーが掲示された車両で、誰でも無料で利用可能です。
 

 
1回の接続時間は3時間が上限となっていますが、1日に何回でも利用可能です。
 
なお、携帯電話回線を利用したサービスのため、トンネル内や山間部など、一部で接続できない区間があります。

 
 
Source:JR東日本
Photo:JR東日本(1), (2), 乗りものニュース
(hato)